フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

病欠

2007年3月13日(火)

土曜日(10日)の夜から何となく調子が悪いと思ったら、日曜日、見事にぶっ倒れ。
具合が悪いので目は早朝から覚めていたので、人が起きる頃を見計らってマチネーコンサートの代役を探す。
同時にオーケストラ事務局と、楽団委員に病欠届けを出す。
といっても電話と携帯メール(SMS)を使って、もうろうとした中でやるので効率が悪い。
さらに明日(火)のダルムシュタットのレッスンもキャンセル。
もう何から何まで全部キャンセル!!!!!

たまには必要です、こういうこと。






今日のマチネーにはわざわざダルムシュタットから駆けつけてくれる知人、夜の本番『フィガロ』荷はマンハイムからの知人、がいるけれど、事情を連絡する。

実はこのマチネーバス8本の予定だったが、副主席の女性が病欠。
GP+本番でトラを入れるより、7人で8人分の音を出そうということに決めてた。
(本当は音量の問題ではないのでこれは無理ですが)
それなのにこれで6人に減る。あらま!
トラは近所に住むフリーのペーター君を確保しておいて事務局に連絡する。
病欠の場合はオフィシャルのトラだから手続きが違うのだ。
さらに晩のフィガロは実は私が代役だった。用事のできた仲間から代りを仲間から頼まれてたのです。
その彼氏、仕事が入ってしまってかわいそ。
でもね、お互い様なんですよ、こういう場合は。
ドイツ人の場合は正式な手続きさえ踏めば、これで感情悪化はありません。
ただし、適切な時間に適切な処理をしないと問題。まあ当然か。


いっぱい汗をかいて、一日中布団と台所を往復。たまにマックに向かう。


月曜日(12日)、病状が変化しないので医者に行く。
結局木曜日までの証明書を書いてもらった。
抗生物質なら早く治るというけれど、断る。
このお医者さん、オランダ国籍の中国人。東洋医学に見識が高いので話が早い。
でも、なかなか治らないだろうな・・・・・・
金曜日にはサイドジョブがあるので何とか直したいところ。


火曜日(13日)、ダルムシュタットのアカデミーのミスで連絡洩れ。
ヴィクトリア学校の出張レッスンで生徒がずっと待っていたといって、ある母親がかなりの剣幕で電話してきた。
これまでは彼女の言うことを静かに聞いてきたけど、今回はだめ。
はっきりと私のミスでないことをきつめに言ったら急におとなしくなって、「早く治りますように」だって。(*^o^*)
[PR]
by ichironoda | 2007-03-14 02:35 | フランクフルト/Frankfurt
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31