フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

第9回定期演奏会ゲネラル・プローベ、ブリテン『ヴェニスに死す』公演 8

2006年5月6日(土)

●10:30 - 13:30
第9回定期演奏会(ムゼウムス・コンツェルト)ゲネラル・プローベ
Alte Oper

●19:30 - 22:30
ブリテン『ヴェニスに死す』公演 8
フランクフルト市立オペラ

演奏会についてはこちら



●第9回定期演奏会
ワグナー:『トリスタンとイゾルデ』から第1幕への前奏曲
メシアン:トゥーランガリラ交響曲
ワグナー:『トリスタンとイゾルデ』から、イゾルデの愛の死
ソプラノ:Michaela Schuster (ミヒャエラ・シュースター)
ピアノ:Markus Bellheim (マルクス・ベルハイム)
オンド・マルトノ:Valérie Hartmann-Claverie (ヴァレリー・アルトマン - クラヴリー)
指揮:Paolo Carignani(パオロ・カリニァーニ)
プログラムの詳細と会場はAlte Oper

トゥーランガリラ(Turangalîla):サンスクリット語から。『愛の歌』『歓喜』『時間』『動き』『リズム』『生と死』・・・・・の意。
ロシア出身のコントラバス奏者、セルゲイ・クーセヴィツキーがボストン交響楽団の首席指揮者として作曲を依頼。長さ、編成、曲想、期限など全てをメシアンに任せた。作曲者のメモによれば1946年7月17日-1948年11月29日間に書かれた。
10楽章からなり、演奏時間は約75分。
ジャワ島、バリ島のガムラン音楽からのインスピレーションを受けて作曲されている。
従来のソナタ形式などにとらわれない全く新しい形の交響曲。

オンド・マルトノ:フランス人、モーリス・マルトノ(1898-1980)の発明した電子音響鍵盤楽器。シンセサイザーの前身といって良いかと思う。
[PR]
by ichironoda | 2006-05-07 00:30 | 仕事/Konzerte
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30