フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

Jules Massenet: Werther, Bach: Kantata 116

2005年11月10日、11日
お休み。

2005年11月12日(土)

10:00-12:30、フランクフルト・オペラ
指揮:Carlo Franci
マスネ作曲の『ウェルテル』のオーケストラ音出し練習。
新演出初日は12月11日です。
ローマオペラ劇場のカルロ・フランチ指揮、
フランチ氏の練習は要領が良く、今日は11:35終了でした。

Bach Vespern
15:15, GP
17:30、解説コンサート
18:00-18:59、ミサ
フランクフルト、ハウプトヴァッへのカタリーネン教会で、
シアシュタイナー(ヴィースバーデン)聖歌隊の演奏会/ミサ
Kantate 116 „Du Friedfürst, Herr Jesu Christ“
明日(13日)は同じプログラムをヴィースバーデン、マルクト教会で演奏します。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-12 21:18 | 仕事/Konzerte

ヤナーチェク:カティア・カヴァノーヴァ

2005年11月9日(水)10:00-13:00

フランクフルト・オペラで舞台付き練習

Leoš Janáèek:Katja Kabanová
ヤナーチェク:カティア・カヴァノーヴァ
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-10 08:05 | 仕事/Konzerte

生牡蛎、タコと海草の前菜、ラム

2005年11月9日(水)

昼は Kleinmarkthalle (フランクフルト市内のマーケット)の魚売り場で、
生牡蛎、タコと海草の前菜、魚介類のリングイーネ。

夜は家でラム テンダー(仔羊フィレ肉)を軽く焼いて食す。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-10 08:03 | 食・料理

ダルムシュタット音楽アカデミー

2005年11月8日(火)

10:00-21:00
丸一日レッスン、あああ!
13人。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-09 07:06 | 仕事/Konzerte

サムギョプサル、ケジャン他

2005年11月7日(月)

今日は韓国料理。
フランクフルト・オペラ合唱団所属の韓国人夫婦と一緒に食事しようということになった。
長年「やろうやろう」という掛け声ばかりで実現しなかったのだけれど、やっと休みが重なったというわけ。

その前に同じ三枚肉に下味をつけてタマネギ、長ねぎと炒めた料理(名前を聞くのを失念)
下味はコチュジャン、砂糖、醤油、ニンニク。

サムギョプサルは豚ばら肉をただ焼いて、ごま油と塩それにネギの細切りを添えて食べる。
今回はネギにパプリカの粉をまぶして味付きタイプ。

そしてケジャン! 初めて食べたのは東京/港区の『草の家』。美味しくてびっくりした。
今回のはフランクフルトのある韓国料理店から彼らが買ってきてくれたもの。
店用なので普通は売らない、とのこと。

とにかく皆美味しくて食べ過ぎました。
何しろ歌手というのは良く食べる人たちです。
大人4人でブタバラ肉2kg買ってきて、残ったのは僅か400グラムほど!

飲み物:(全4種、素晴らしい味でした)
バンベルクの地ビール2種類
Mahr's Bräu、マールス・ブロイ、325年以上の歴史を持つ家族経営ビール
Klosterbräu Bamberger Schärzla、クロースターブロイの黒ビール
日本酒、純米大吟醸『蔵』(佐久郡臼田)
焼酎、『千年の眠り』(麦、福岡、篠崎)

最近は百年とか千年とか、多いですねえ。

最後に日本茶とブラジルの乾燥果実

明日は一日中ダルムシュタットでレッスンなのに大丈夫かなあ・・・・・・・・
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-08 16:18 | 食・料理

HOmレイアウト 1: 台枠

2005年11月6日(日)

長らく暖めていたHOmレイアウトの一部、隠しヤード部分の台枠を作りました。
オペラの新演出初日から帰って、ブラジルのベビー牛を食べた後に作業開始。
明日はオフなので線路敷設ですね。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-07 17:17 | HOmレイアウト

ブラジルのベビー牛

2005年11月6日(日)

おなじみブラジルの、ベビー牛。
しっかりと味があって柔らかいのに歯ごたえは十分!
ジューシーで、しっかりワインを飲んじゃいました。
フランスのBioワイン(赤)です。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-07 08:02 | 食・料理

Pique Dame (スペードの女王)

2005年11月6日(日)、18:00 フランクフルト・オペラ

プーシキン原作、チャイコフスキーのオペラPique Dame (スペードの女王)の新演出(初日)

指揮: Sebastian Weigle
演出: Christian Pade
舞台/衣装: Alexander Lintl
脚色: Norbert Abels
照明: Olaf Winter
合唱指揮: Alessandro Zuppardo

Lisa: Danielle Halbwachs
Hermann: Mikhail Davidoff
Tomski: Johannes Martin Kränzle
Jeletzki: Rodion Pogossov
Surin: Franz Mayer
Tschaplitzki: Peter Marsh
Tschekalinski: Hans-Jürgen Lazar
Gräfin: Elzbieta Ardam
Pauline: Federica Proietti

指揮のSebastian Weigleは2004年9月からバルセロナのオペラ・ハウス、Gran Teatre del Liceuの音楽総監督です。

聴衆の反応は、ブラボーの連続。
翌朝のラジオ番組でも大変好意的に放送されました。
チャイコフスキー自身、ガンバのコンソルト、モーツアルト、など色々なスタイルが交じり合った美しい曲です。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-07 08:01 | 仕事/Konzerte

リンブルク大聖堂少年合唱隊演奏会、モーツアルト:レクイエム他

Limburg(リンブルク)の大聖堂

13:00 - 16:00 リハーサル
20:00 - 21:30 コンサート

プログラム:
モーツアルト:レクイエム d-Moll
モーツアルト:Offertorium Мisericordias Domini

Elisabeth Scholl (Sopran)
Alison Browner (Alt)
Johannes Kalpers (Tenor)
Johannes Martin Kränzle (Bass)

オーケストラ:フランクフルト・オペラ・オーケストラメンバー
指揮:大聖堂オルガン奏者兼合唱隊指揮者 Klaus Knubben
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-07 07:59 | 仕事/Konzerte

Pique Dame (スペードの女王)

2005年11月4日(金)

18:00 GP 6日の新演出初日公演のための最終通し練習
フランクフルト・オペラでは、
初日の3日前に Hauptprobe(ハウプト・プローべ、最終統合練)、
2日前に Generalprobe (ゲナラル・プローべ、最終通し練習)
を行ないます。

GPはオペラ従業員とその家族(まあ大きな意味で(*^o^*))に限定無料公開になります。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-07 07:56 | 仕事/Konzerte

モモ, Feijoata, Farofa salgata、Couve、Arroz

2005年11月3日(木)

昼:
かみさんが今朝ブラジルで買って持ち帰った食材を早速食べました。
バンベルク交響楽団のブラジル(サンパウロ)演奏旅行に参加したのです。
演奏に行ったのか、食料の買い出しのためだったのか・・・・・・(*^o^*)

Feijoata
肉が豆と一緒にこってりと煮込んであって、美味しいです。
付け合わせは
Farofa salgata (farofaはcassavaの粉。salgataは「塩味」?中のベーコン他のこと)
Couve(コウヴィ) 緑菜
Arroz、米ですが、調理法、味付けが面白いです。

詳しくは『ぶんたのブラジル』というHPでご覧ください。
コンテンツ『ブラジルのたべもの』で色々紹介されていて、上記の4種の記述もあります。

晩:
ネパール人の友人からもらった自家製『モモ』を食べました。
これはネパールのギョウザです。
辛いチリ・トマトソースをつけて熱々で食べます。
彼女、若いのに料理が抜群に上手です。
モモ、ネパールで検索するといっぱい出てきます。
例えば世界のレシピです。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-04 07:44 | 食・料理

チャイコフスキー作曲、スペードの女王

2005年11月3日(木)
17:00-21:00
Sebastian Weigleの指揮でハウプト・プローベ(Hauptprobe)。

新演出の2日前にはゲネプロが行われます。
最終の通し練習で、歌手は舞台衣装を着け、振り付け、演出すべて本番と同じように演奏します。
その前日は最後の仕上げ練習です。
ドイツのオーケストラでは組合と雇用者の取り決めで、ハウプト・プローベは時間のリミットがありません。
ですからいつ終了するか分からないのです。
翌日の練習開始まで11時間の休養が入れば事足ります。
幸い今日はほとんど修正作業が無く、僅か(!)4時間で終わりました。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-04 07:01 | 仕事/Konzerte

データ・音楽・にっぽん 1980

a0056401_11593171.jpg増井敬二=編著
民音音楽資料館
音楽に関する数値記録の大集成です。
楽器の生産量・輸入量・輸出量、楽器製造業の営業状態、音楽大学生数の変移・・・・・
さらには明治初期の新聞にのった音楽会批評など、日本の音楽界の変遷を全く違った角度から見ることのできる貴重な著書!
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 12:00 | 本(音楽)/Musikbücher

陸蒸気からひかりまで

a0056401_1137966.jpg機芸出版社発行
画・片野正巳
文・赤井哲郎

150分の1のペン画による日本鉄道史。鉄道人・鉄道模型人の心に残る名著です。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 11:35 | 本(鉄道)/Eisenbahnbücher

新幹線テクノロジー

新幹線テクノロジー―0系から800系九州新幹線の高速車両技術
佐藤 芳彦 / 山海堂
ISBN : 4381088271
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 11:13 | 本(鉄道)/Eisenbahnbücher

明治の機関車コレクション

a0056401_1114053.jpg明治の機関車コレクション
/ 機芸出版社
ISBN : 4905659051
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 11:01 | 本(鉄道)/Eisenbahnbücher

ライブスチームのシェイを作ろう

a0056401_10531539.jpgライブスチームのシェイを作ろう
平岡 幸三 / 機芸出版社
ISBN : 4905659159
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 10:55 | 本(鉄道)/Eisenbahnbücher

生きた蒸気機関車を作ろう―図解ライブスチーム入門

a0056401_1043222.jpg生きた蒸気機関車を作ろう―図解ライブスチーム入門
平岡 幸三 / 機芸出版社
ISBN : 4905659035
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 10:35 | 本(鉄道)/Eisenbahnbücher

包丁入門

包丁入門 改訂版
田中 恒雄 / 柴田書店
ISBN : 4388055212
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 10:33 | 本(食・料理)/Bücher

シュルツェのいたずらオペラ入門

シュルツェのいたずらオペラガイド
カール シュルツェ Karl Schulze 野田 裕美子 恵谷 真紀子 / 音楽之友社
ISBN : 4276210372
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 10:32 | 本(音楽)/Musikbücher

浅草オペラ物語―歴史、スター、上演記録のすべて

a0056401_1030975.jpg WIDTH=70 BORDER=0 VSPACE=8 HSPACE=10 ALIGN=LEFT>浅草オペラ物語―歴史、スター、上演記録のすべて
増井 敬二 / 芸術現代社
ISBN : 4874630952
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 10:28 | 本(音楽)/Musikbücher

オペラを知っていますか―愛好家のためのオペラ史入門

オペラを知っていますか―愛好家のためのオペラ史入門
増井 敬二 / 音楽之友社
ISBN : 4276210313
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 10:28 | 本(音楽)/Musikbücher

日本のオペラ―明治から大正へ

a0056401_1026359.jpg WIDTH=70 BORDER=0 VSPACE=8 HSPACE=10 ALIGN=LEFT>日本のオペラ―明治から大正へ
増井 敬二 / 民音音楽資料館
ISBN : 494388606X
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 10:26 | 本(音楽)/Musikbücher

日本オペラ史 ~1952

日本オペラ史 ~1952
増井 敬二 昭和音楽大学オペラ研究所 / 水曜社
ISBN : 4880651141
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 10:22 | 本(音楽)/Musikbücher

Schuch's Restaurant

気の合った仲間で、リンゴ酒レストランに行きました。
シュフス・レストランです。

リンゴ酒は5種類飲めます。その中で気に入ったボスコップ種のリンゴで作ったリンゴ酒は最高でした。

久しぶりのドイツ料理、非常に美味でした。素材の味がしっかりしていて、全体の調和が取れていて・・・・・食べた途端に体に納得させるような味というのはなかなかお目にかかれません。
いわゆるグルメ料理ではなくて、普通の家庭料理を、きちんと心を込めて作った感じ。

子供の遊び場、禁煙ホールもあって非常に快適でした。

4人で食べたのは5種類????
お試しポーションというのがあって、分量は約2/3、値段も安めになっています。
それを利用して幾種類も皆で楽しもうという趣向です。

ああ、美味しかった!
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-03 09:16 | 食・料理

今日の仕事 2005年11月1日(火)

01. Nov. 2005
ダルムシュタット音楽アカデミーで11人レッスン。
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-02 09:54 | 仕事/Konzerte

今日の仕事 2005年10月31日(月)

2005年10月31日(月)
1)マインツ室内オーケストラ
2)フランクフルト・オペラ

More
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-01 08:34 | 仕事/Konzerte

遅ればせながら・・・・

ブログを開設しました。
掲示板ともども、よろしくお願いします。

はたしてカテゴリ「今日の仕事」がいつまで続くか・・・・・・・

野田一郎
[PR]
# by ichironoda | 2005-11-01 07:34
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31