フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベ2010に向けて走ろう。019, フェルトベルク

2009年10月31日(土)   11月02日(月)記、完。

フランクフルト銀輪倶楽部のキャプテンとの電話で、きょうはRRでフェルトベルクに上がろうという話になった。
彼と二人で走るとなると、これは彼に寄りかかって訓練してもらうと言うことだ。

GPSデータは無い。
Colorado 300 は単三形Ni-MH2本で駆動するが、使用中の電池の持ちがやけに悪い。
今回もスタートしてすぐに切れたようだ。警告音が聞こえなかった。



スタートはアルテ・オパー。
いつものコースで走るが、何か重いし、やはり寒い。

途中、キャプテンにハンドルの前傾角を合わせてもらう。
さらにホーエマルクで小休止した時、ポジションの点検をしてもらった。
ずいぶん楽に乗れるようになった。

すぐに勾配に取りかかった。
キャプテンはいつものようにどんどん進んでいく。
こっちはやはりいつものようにチンタラと進む。

結局ホーエマルクから頂上まで52分だ。
キャプテン曰く・・・・
1,気温が低いので筋肉の効率が低下
2,着ぶくれ状態で重くなるし、服によりブレーキがかかる。
2のブレーキは実感できた。

帰り、どんどん飛ばしていたキャプテンはあとで「寒かったです〜〜〜!」と言うことだった。
自分は初めレッグウォーマーを自転車のトップチューブに結びつけて走っていたが、邪魔なのでジャージの腹の部分に入れて下り勾配を走った。おかげで腹が冷えなかった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドイツ・オーダクス・北バイエルンからメールが入った。
彼らは冬期の夜間走行を実施しているそうだ。
添付された写真は・・・・・寒そう!
a0056401_1882713.jpg

a0056401_1884488.jpg

a0056401_1885986.jpg

a0056401_1891954.jpg

[PR]
by ichironoda | 2009-11-01 18:04 | 自転車/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30