フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベに向けて走ろう! 018、夜間放浪

2009年10月28日(水)

今日はオフ、走ろうと思えばずっと走れたのに、スタートはなんと午後5時半。もう暗くなり始めている。気の向くままにRRを走らせた。

GPSデータ



この時期、寒いのか暖かいのか家の中からは不明だ。
窓から顔を出すと寒いのは、温度差によるものだから当てにならない。
漕いで運動すれば暖かくなるし、休めば風邪をひくかもしれない。
適当に見繕って漕ぎ出した。

宛がないから頭の中にはこれまでの経験が渦巻いている。
考えないでいるとどこを走るか、やってみよう。

信号が赤だと止まるのが面倒で手前で曲がったりする。
ドルンブッシュ、エッケンハイム、プロインゲスハイムと走っていたら、ヨルノホーエ・シュトラーッセを走りたくなった。
バート・フィルベル方面に出て右折、ベルゲンに行けば何とかなるかなと思いながら坂を下っていたら、
バート・フィルベルに入ってしまった。
適当に見当を付けて山に入り込んだが、結局例の坂に戻っている。
ごしごしと坂を上ってベルゲン方向に曲がった。配慮のない車が多くて難儀だ。

ホーエシュトラーッセは当たり前だが光がないので、前がよく見えない。と言って後ろも横も同じだ。
ロードバイクの前照灯は節約の結果であまり明るくならない。
一人でこの道を占有するのは得意になる。

そろそろ飽きてきたのでマイン川に降りることにした。
畑の中をそろりそろりと下っていくと、マインタール・ホッホシュタットにでる。
石畳が手に痛い。顔も顎もガクガクとまるで骸骨だ。

マインタールではレストラン・へスラーの横に居た。
女性コックが素晴らしい味を作っていたが、若くして亡くなってしまった。
一度だけ食べに来たことがある。

川沿いは霧で前が見えない上にヘッドライトも弱い。
対向自転車や自動車から目つぶしを食らって、夜間飛行ならこれほど怖いかと思う。

・・・・・・・・・・
家でGPSデータをマックに入れたがどこにも見えない。
ふと思いついて一番古いデータの方を見たら、あった。
なんと日付が2000年だ。
Colorado 300では(他のもそうだろうけど)時間設定の項がない。衛星から情報をもらうから当然だろう。
衛星はたまに信号を停止するし、結構信頼できない。
世界のどこかでテロが起こったり、米軍が動いたりすると動作させなくするようだ。

ソフトにデータを取り込んでから日付を変えたりしたら、ソフトがおかしくなってしまった。
未だにおかしい。
この走行に関していえば、最初の7kmほどの直線は意味がない。
衛生をとらえるまでに時間がかかったようだ。
[PR]
by ichironoda | 2009-10-29 18:06 | 自転車/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30