フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベに向けて走ろう! 017, ダルムシュタット往復

2009年10月26日(月)・・・・28日記、完

秋休みが終わって、ダルムシュタット音楽アカデミーの授業が始まった。
火曜日がレッスン日だがオペラの関係で特別月曜に変更したが、本当はやはり火曜日にレッスンしたいところだ。
GPSデータ



最高級ママチャリでダルムシュタットまで走った。
レッスン用教材、着替えなど荷物が多いためだ。
これならサイドバッグにいっぱい積んでいける。重くなって大変だけど。

行きはすごい向かい風で、どんどん足にくる。
フランクフルト・ダルムシュタット間でまともな登りはザクセンハウゼンだけ、あとは跨線橋などの小さな登りなので問題はない。ザクセンハウゼンにしても今はどうってこと無いけど、荷物の重さは感じる。

レッスンに5分の遅刻だ。

ダルムシュタット音楽アカデミーはふたつの組織がある。
音楽学校と音楽大学だ。
今日は音楽学校の生徒だけで、5人レッスンした。
以前からの子供たちは皆大きくなっていた。
最初はカール・ヨハン君、9歳かな?
とてもしっかりした明晰な子だ。
最後は本来チューバを吹く。人工衛星制御ソフトウェア・スペシャリストとしてESAに勤務しているスペイン人だ。

余談:
以前クラスにいたベルギー人の生徒は、ダルムシュタット工科大学研究室のドクターで、電気技師。ICE 3(ドイツ鉄道超特急第3世代)の電動機制御、ジュネーヴにあるCERNの最新第7加速器の建設に参加した。第1楽器はホルン。


レッスンは20時半に終わった。
教員仲間と少し雑談する。相手はギターの先生だ。
彼も同じR&Mの自転車で通勤しているが、夏に山で転倒、楽謝して大けがを負った。
やっと音楽、レッスン活動は復帰したが自転車には乗っていないようだ。

暗い中をフランクフルトに向けて走る。
脚は良く回っている。

22時過ぎにオペラに着いた。
明日はここではなくてアルテ・オパーでの公演で楽器が搬出される。
それなのに楽器をハードケースに入れるのを忘れていたのだ。
ついでにスティーヴンソンのコントラバスケースを修理した。
[PR]
by ichironoda | 2009-10-27 08:01 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31