フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベ2011に向けて走ろう! 012, ダルムシュタット雨中走行

2009年10月5日(月)

1年半前からダルムシュタット音楽アカデミーのレッスンを大幅に縮小していた。
この10月から普通の授業時間に戻る。今日はその第1週目。
火曜日がレッスン日だが、オーケストラのリハーサルの都合で月曜の今日に振り替えた。
ただし生徒の事情で今日は一人だけだ。

GPSデータ



もう完全に自転車通勤圏になってしまって、車を走らせる気がしない。
今日はそもそも、かみさんが出かけていて車がない。

16時、軽く雨が当たっている。一応濡れにくいように武装して出発した。

ザクセンハウゼンの山を登り切って下りに入ったところで雨脚が強くなってきた。
今から電車に乗るのも面倒だし癪だ。

ノイ・イーセンブルク、シュプレンドリンゲン、ランゲンと通過するが雨は強くばかり。

ブルベで雨に降られるときの練習だと思って楽しんでいるけれど、信号待ちで止まると寒い。

そのうちにヘッドライトがちょっとゆるんできた。
締め直すには工具があるから・・・・・・・あ、工具はレーサーのシートバッグに入れたままだ。
帰りが不安なのでダルムシュタットのショップで工具を買った。
チェーン切りもついているし、いずれにしろいるものだったので良いだろう。

結局ダルムシュタット音楽アカデミーについたのは2時間後の18時。

レッスン中、着ていたものと靴をヒーターに乗せておいた。
でも濡れている下着は無理。生徒はうら若き女の子でした・・・・・・・・。

レッスンが終わっても雨は弱くならない。
ちょうどその時携帯が鳴った。かみさんが迎えに来るという。

かくして、帰路は車に自転車を乗せて走った軟弱物語だ。

オーバーシューズなど、全然役立たず、ブルベでは降雨のリスクもあるので、来年のウェァを
考えなおさないといけない。
[PR]
by ichironoda | 2009-10-06 09:19 | 自転車/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31