フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

FGCのポタリング『秋の味覚 01』

2009年9月27日(日)

5人参加でホーエシュトラーッセを走りました。
途中クルミ取りに夢中になって、ここでおしまい。帰りました。

GPSデータ



クルミ、栗、リンゴ、プラム・・・・・

今日のFGCポタはクルミ採りでした。

今日の参加者は
石川先生 (事務局長)
MaTaさん (書記)
TaNaさん (キャプテン)
ToKaさん
私 (会長)
の5人でした。

9:00、オストパーク(東公園)の片隅で集合です。
9時ちょうどに着くと、誰かの声が聞こえました。
石川先生が車から自転車を降ろしています。自走じゃなかったんだ。
しばらくして残りの3人が到着、まずはスケート場でトイレです。
自転車乗りはトイレがあるときに入っておかないと大変ですからね。

ゼックバッハに向かいます。
色気を出して、以前市電12系統が走っていた路盤を走りますが、途中で曲がりぞびれて行き過ぎちゃいました。おかげで結構な急坂を上ります。この山(丘)は冬、雪が降ると良いそり滑り場になります。

ベルゲンの古い町並みを通過、ホーエシュトラーッセに入りました。
行く行くはライプツィッヒを通ってポーランドまでつなげる大構想があるそうです。↓
a0056401_4394340.jpg

(左から、石川先生、ToKaさん、TaMaさん、MaNaさん、私の5人)

メンバー全員「気持ちいいですねぇ!」「綺麗なコースだぁ!」・・・・

一人だけ秋の味覚を忘れないで叫んでいるのは、本日の紅一点MaNaさん。
仕方がないのでリンゴが一つだけついている木のところで休憩しました。
残念ながら手が届かなくてあきらめた様子。

さらに走ります。

以前見つけておいた、クルミ並木にさしかかります。↓
a0056401_4421632.jpg

地面を見ても3,4個しか落ちていません。
こうなったら木から落とすしかないのですが、道具がありません。
まずはヘルメットを投げつけますが、なかなか命中しません。

Naさん夫妻がおにぎりと漬け物をリュックサックから出して、全員に配られました。
全部手作り、おいしいです!
「さすがプロ!」とToKaさん、それを受けてMaNaさんが
「いえっ、今日は私が作りました!」(笑、ご主人TaNa氏はプロの料理人です)
ご馳走様でした。自転車乗りにおにぎりと漬け物は最適ですよ。

そのうち石川先生が水の入った水筒を投げ始めました。↓
a0056401_4442018.jpg

(上方、赤○の中の黄色い水筒に注目)

どんどん落ちてきます。先生13時には帰ってないといけないはずなのに、「これで最後」と何回も良いながら水筒を放り投げています。

袋にいっぱいたまりました。すごい収穫です。↓
a0056401_4472667.jpg

石川先生は興奮して写真までパチリ!
水の入った水筒、クルミ、枝、いろいろと落ちてきて当たると痛いです。↓
a0056401_450139.jpg

集めたクルミは全部ToKaさんに託します。洗ってオーブンで乾燥、結構手間ですね。
ご苦労様です。

ToKaさんといえば・・・・・・
プラスティックス製の水筒を投げていたのですが、ToKaさんはアルミの水筒なんか投げてます。
大丈夫ですか?
案の定、ベコベコに凹みました。(だから私は投げなかったのだ。自分のアルミ水筒を)

時間になったので同じ道を戻ります。
でも自転車乗りって同じ所を走りたがらないのです。
途中からバート・フィルベルに回ることにしました。
時間がない石川先生はここでお別れです。
「お疲れ様でした!」この台詞は先生の十八番(おはこ)です。

丘の斜面と住宅地を通ってまずはニッダー川 (Nidder)に出ます。
川に沿って走り、バート・フィルベルでニッダ川 (Nidda)に合流します。
その上ややこしいことに、この辺の方言では両方同じ発音『ニッデ』になるのです。

1849年、フランクフルト南駅からバート・フィルベルまで鉄道が敷かれたときに、ローマ帝国の遺跡が発見されました。
ちなみにドイツの鉄道初開業は、ニュルンベルク・フュルト間で、1835年12月7日のことです。

その時に発掘されたローマ帝国のモザイクを再現して展示しているパヴィリオンに入りました。
ニッダ川沿いに立っています。入場は無料です。
展示の一つに付近の地図がありますが、なんとニッダー川 (Nidder)とニッダ川 (Nidda)が逆に表示されてます。係員にそのことを指摘すると、
「そうなんです。でも修正するのにはずごく費用がかかるので・・・・・
住民も気がつかないのによくわかりましたね。」
とおだてられました。

バート・フィルベルは名前でわかるように(バートはお風呂、温泉地)湯治の町です。
自然、わき水が多く、ミネラル・ウォーターの会社が軒を並べています。

ニッダ川沿いにフランクフルトに向かいます。
走りながらの解散となりました。

あ〜〜っ、楽しかった!
[PR]
by ichironoda | 2009-09-28 04:05 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31