フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベ2010に向けて走ろう 005

2009年9月16日(水)・・・・・9月18日(金)追記。完。

久しぶりの中距離、94km走った。

フランクフルト市内からボルンハイム、オストパーク、ベルゲンからホーエシュトラーッセにでる。
ホーエシュトラーッセの途中でマインタールに寄り道、戻って、ヴィントエッケン、ブルッホケーベル、ハーナウ、そしてマイン川沿い経由で帰宅。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
GPSデータ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



目的はブルベのためのトレーニングに加えて、秋の味覚進捗状態調査だ。
簡単に言うと、栗、クルミ、リンゴ、梨、銀杏の様子を見ようというもの。

遅く12時頃になってやっと出発した。
まだどこに行くか決まっていない。

景色の良いところ、FGCポタリングの下見・・・・

ホーエシュトラーッセは景色が良いし、そこからちょっと下れば知人がやっているリンゴ酒醸造所を回れる。
その近くに住んでいるコントラバスの仲間を訪ねることもできそうだ。

市内をオストパークまで抜ける。
ゼックバッハまでの細い道は楽しい。
坂を上りベルゲンを目指す。
以前はこの坂をあがるのが精一杯だったけれど、全くたいしたことなし。変われば変わるもんですね。

ホーエシュトラーッセ、もう気分は最高!
思わず叫びそうになる。

途中、右折するとマイン川に出る道があった。
ちょっと通り過ぎてから思い直して、ここを下る。
下り坂楽ちん!
綺麗な村に出た。マインタール/ホッホシュタットだ。

適当に見当を付けてマイン川の方に下ったら、知人(ヨェルク・シュティァ)のリンゴ酒醸造所の前に出た。
忙しいと聞いていたので写真だけ撮る。↓
a0056401_6501674.jpg

コントラバスの同僚に電話をすると、コーヒーを飲みに来いという。
これも適当に見当を付けて走っていlたら、回り道はしたけどすぐにわかった。
途中、スクールバスが地図看板の前に停車していた。地図を見ているうちに運転手のトルコ人を話が弾む。もう1台横に止まっているのはトルコ製のデラックス観光バスで、エンジンは三菱だと自慢していた。

同僚の家の周りをぐるぐる回ってお土産用のケーキを買った。
彼、奥様、年頃の娘3人という5人家族だ。ケーキは喜んでもらえるに違いない。(後で正しかったことが判明)

しばらくだべった後、再出発。

ホーエシュトラーッセまで上る。意外と楽だ。
プラム(ツヴェチケン)が全盛だ。

大豆の畑にひまわりが2本だけ孤独に立っていた。(そのうちの1本)↓
a0056401_6525996.jpg

大豆畑の持ち主に交渉すれば、来年は新鮮な枝豆が食べられるかも!

ノルディック・ウォーキングの人↓、
a0056401_6554172.jpg

マウンテンバイク、ロードバイク、トレッキング自転車など、いろいろな人がいる。車でやってきて犬の散歩、と言う人もいる。

無言↓
a0056401_657966.jpg

何でもライプツィッヒまでつながっているらしい。

クルミの木の下で集めている女性を話をした。
落ちているクルミはすでにもぬけの殻、朝一番でくればたくさん取れるそうだ。

アルテンシュタットにも何人か同僚が住んでいるが、どうも道を間違えたらしい。

行き先を変更してマイン川沿いに帰ることにした。
下り基調で気持ちが良い。
そのうちに猛烈に腹が減ってきた。ハンガーノック直前の感じだが家まで平坦なので、エネルギーを使わないように走る。それでも32km/h位まで出ている。多分追風だな、こりゃ。

途中家に電話してカレーを注文する。無性にカレーライスが食べたい。

未完
[PR]
by ichironoda | 2009-09-18 06:59 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30