フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

コブレンツからヴィスバーデンまで

2009年8月25日 (月)・・・・・9月10日追記、完。

コブレンツからヴィスバーデンまでL127/B261/B260を走った。

仕事が始まるので、修理、調整に出しておいたオーケストラ用の楽器を引き取るために車をコブレンツに向けて走らせる。
隣にはかみさんが乗っていて、後ろには自転車を積んでいる。
楽器はかみさんが車でフランクフルトに持ち帰り、自分は自転車で帰るつもりだ。

GPSデータ



楽器工房を出るとすぐに7%程度の登りだ。L127で森を抜けて上っていく。

さっき車で走ってきたB49号線のガードをくぐると、B261号線の急な登りに出る。早、息が切れそうだ。

距離はたいしたことない。頂上を越えると厩舎を過ぎ、ゴルフ場が見えてくる。
カーブをいくつも切って坂を駆け下り、バート・エムスに着いた。

出発が13時過ぎ、昼を食べてなかったのでここで食べたい。早くしないとレストランが午後休みになるのだ。
どうしてもスパゲッティが食べたくてイタリアンを探すが、田舎では難しい。
やっと見つけて入った店もトルコ人の店でがっかりした。
トルコ料理は好きだけどスパゲッティならイタリア人の店に入りたい。

バート・エムスからラーン川に沿って走る。平坦だが周りは森山が迫っていてとてもきれいだ。

ラーン川沿いにあるナッサウを通過する。
ラーン渓谷から離れて急勾配が続いている。12%, 2.2kmだ。
途中にはブレーキのきかなくなった車を止めるための、側線が2カ所もうけられているくらい急だ。
追い越していく車に冷や冷やしながらも汗だくになっている。

ようやく高原に上ったが、途端にすごい向かい風が吹いてきた。
平坦部と下り勾配部は向かい風、上り坂は結構な勾配、というパターンが続いていやになる。

今晩生徒が20時に来ることになっている。
このままフランクフルトまで自転車で走ると間に合わない可能性が大きくなってきた。
かみさんはヴィスバーデンまでにして、そこから電車で帰れと言っている。

バート・シュヴァルバッハへの分かれ道に来た。急な下り勾配の方なので、楽をしようとそちらへ曲がった。木の陰で下り坂、肌寒いほどだ。先ほどまでの暑さは何だったのか?

バート・シュヴァルバッハのガソリンスタンドでアイスを食べて休憩する。

ここからはヴィスバーデンまでそう遠くない。

ヴィスバーデンから電車に乗った。ちょうどフランクフルト方面行きに間に合った。
社内で生徒からのキャンセルが携帯メールで入る。ったくもう!

75kmほどしか走っていない。物足りないのでフランクフルト市に入ったところで下車して自走で帰った。
[PR]
by ichironoda | 2009-08-28 08:56 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31