フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

Brevet 600km 完敗記 5, 挫折からの折り返し。帰路 2日目

2009年6月14日(日)・・・・・・・・・・・ 8月10日(月)完。

ケルン、ヴェーザーベルクランド共同主催の Brevet 600km。
ケルン側からの600km、完敗記 5。

==============
写真集:2009-06-13, Brevet 600km
ユーザー:brevet600km
パスワード:bruehl
==============
GPSログは無し。



Garmin Colorado 300に主催者から送られたデータを入力したところ、立ち上がらなくなってしまった。
結局600kmブルベはGPSなしで走った。
==============
帰路でも道を何回も間違えて時間がかかった。
そこでケルンまで130km程のところでホテルに泊まった。
3日目、ケルンに帰るまでの記録。

ずいぶん早く目が覚めた。
シャワーのあとジャージを洗濯、そしてビールを飲んでゆっくり寝ようと思っていたのが・・・・・
いつの間にか寝てしまったらしい。
朝食にビールは飲めないので仕方なしに処分。美味しいビールだったのに。
ゆっくりと一人で朝食をとった。窓から見えるのは曇り空だ。

11時頃ホテルをあとにした。120kmに7時間を予定した。

まずは町に降りて、昨晩ホテル探しで世話になったギリシャ人夫婦にお礼を届ける。

● プレッテンベルク。520km
町の外れまで、もう結構な登りだ。
いつも走り始めは脚が回らない。
L697。

● オェステラウ、522.0km
● レットメッケ、523.1km
順調に進み、ここで右、L696に曲がって勾配区間に近づく。

と、雨が当たってきた。どうせ汗で濡れるのでしばらくはこのままで進む。

● キュッケルハイム、524.0km
● ヒンメルメルト、525.7km
緩やかに登ってきて、ここで人造湖のダムに出た。
オェスタータール・シュペーレ。↓
a0056401_19362245.jpg

雨の中タンポポの葉を集めている女性と話をした。ペットにやるのだそうだ。

左側の人造湖が終わると登りだがきつくない。何だか2日間でまた筋肉がついたような感じ。
雨が結構降っている。この程度だと雨具を着るのが面倒だ。

ノイエンミューレでL694に左折、本格的な登りになった。
速度は遅いけれど疲れずに順調に進む。

人造湖フュァヴィッゲタール・シュペーレだ。
往路ではかなり急な下りでスピードを出したつもりだったが、たいした登りではない。

高速A45号線を下りながらくぐる。この高速を南下するとフランクフルトに行く。
● ランゲルシャイト、540.2km
● ヴィーベルザート、543.2km
気持ち良く下る。雨さえなければ・・・・と、小降りになってきた。

ぐっと下ってB54号線に左折した。雨は上がっている。
● マインエルツハーゲン、546.2km
CPには寄らず町に入る。何かドイツ的なものを食べたい。特にカルトッフェル・クロェーセ、ジャガイモダンゴだ。
肉屋に入って、良いドイツ・レストランを教えてもらう。ところが一番のお勧めは月曜定休で閉まっていた。
他の店はイタリアンとバルカン系、あまり入る気がしない。

結局肉屋に戻って食べる事にした。

と、ラフな格好をした男が声をかけてきた。
いつもの質問、どこから来たのか?
答えに困る。いろいろな意味があるからだ。
まずは国、次は居住地、自転車で長距離を走っているときはスタート地を聞いている事も多い。
「私は日本人で、フランクフルトに住んでいる。今回のロングライドではケルンからスタートした。」と一度に答えた。

 「R&Mは良い自転車だけど気に入っているか?」と彼。
私の自転車はドイツ・ダルムシュタットのメーカー、リーゼ&ミュラー, R&M製だ。
ヘッドライトとテールライトはブッシュ&ミュラー、B&Mのライトをつけている。
 「もちろんだけど次は別のタイプが欲しい。もっと軽くて速いロードレーサーかシクロクロスにしたい。」は自分。R&Mはこの2種を作っていないのだ。
 「B&Mのライトはどうだ。」は彼。
 「明るいし信頼性が高い、ただテールランプは認視性が上のランクのに替えたい」と答えた。
彼の話し方はかなり回りくどい。理系のようだ。自分にはとても彼の思考がよく見える。(自分も回りくどい!(^^;))
 「B&Mがこのマインエルツハーゲンにあるのを知っているか? B&Mはこの町の誇りだ。」

雨が降り始めた。

 「あなたはもしかしてB&Mの社員か?」
 「そうだ。遠く東洋から来た人が、ドイツ製の自転車で、わが社のライトをつけて走っているのを見て、嬉しくなって声をかけた。
これらのライトは某○○製ではなくて、ここでしっかり作っている。本当のドイツ製だ。」
 「もしかして設計課?」。当たっていた。
もっと話していたかったようだけれど、さすがにTシャツがビショビショになってきて、
 「雨がひどくなってきた。あなたと違って私は Tシャツで雨に弱い。申し訳ないけどこれで失礼する。」
 「じゃ、これからあなたの会社を見て帰りますよ。」
 「ありがとう、是非そうしてください。」
ふ〜〜〜〜。

肉屋でソーセージ入り豆スープ、更に肉団子を食べさせてもらう。美味しかった。

何だか大分遅くなってしまった。25kmしか来てないのに、もう14時半だ。
レストラン探し、立ち話と食事が原因。でもなんだか楽しかった。

通行人に聞いてB&M社に行ってみる。500mしか離れていなかった。結構な登りの中腹にある。
近代的なビルを撮影して帰路につく。↓
a0056401_1941124.jpg

往路で、サイクルコンピュータ交換に時間貯金を使い果たし、CPに間に合わせようと走った下り急勾配だったが、たいした事なく登ってしまった。
工事迂回路のL528だ。L306に合流、軽いアップダウンを繰り返して進んでいく。

● マリエンハイデ、557.5km
L97に入る。
●ニーダーヴェッテ、560.6km
雨足が強くなってきた。雨具を脱いだり着たり繰り返している。
● ヒンマークーゼン、561.8km
長い坂を気持ち良く下りているときに気になった。
キューシートに、『ヒンマークーゼンを出て、400mで右折』 とあったような気がしたのだ。
でもなんだかそのまま気持ち良くて、下ってきた。往路で走った覚えがある道なのだ。
特に工事中の片側通行信号には記憶があった。でもすでに数キロ走っている。
工事中の労働者に聞いたところ、次のリントラーはこのまま走って右折しろと言う。信号停止中の運転手も同じ意見だ。
?????
何回見てもキューシートには400m右折とある。
そのうちに気がついた。
このキューシート、ウェイポイントは全てスタートからの距離だけで書いてある。
そこで出発前に各ポイント間の距離を引き算して書いておいたのだ。なんとその計算違いだった。!!!!
0.4kmではなくて7.4kmで右折だったのだ。なんとばかな間違い!

それからは順調だった。
カイゼラウで右折、K21に入る。
● リントラー、572.9km
入り口でL299に入った。
雨が弱くなってきた。
何だか甘いものが食べたくて、アイスクリーム屋を探した。
小降りの雨の中でアイスが美味しい。

サイクルコンピュータを付けてもらった店に立ち寄る。
600km挫折の報告をして、ビアンキのカタログを貰った。
プジョーとビアンキを扱っている小さなショップだ。もっともプジョーは消滅したけど。
ビアンキのクロモリ・レーサーが格好良い。カンパニョーロのヴェローチェなのがちょっと気になるが。
また強くなった雨の中を再出発する。K24。

● ケンメリッヒ、577.3km
● シュミッツヘーエ、582.2km
開けた展望での中、雨が小降りになってレイン・ヤッケを脱いだ。
なんてきれいな緑だ!

L284に入って右折すると
● オーバーシュテーク、586.km
● インメケッペル、587.5km
K41。大分標高が下がったが、ここからまた上がる。
● ロェーエ、589.4km
● エーレンフェルト、590.2km
● へルヴェーク、590.km
● モリッツフェルト、592.0km
小さな集落が連続しているが、雰囲気が都会的になってきた。
ここはもうケルンの通勤圏なのだろう。直線距離20km程度だ。
L289。

● ベンスベルク、593.2km
最後の山だ。140m程度だが勾配へ結構きつい。
でも今は下るだけ。一気にL136を
● フランケンフォルスト、596.1km
に向って下がる。
雨はほとんど上がっている。

キューシートに、何回もケルン・ラート方面直進と書いてある。
そのうちにどの交差点かわからなくなってしまった。
サイクルコンピュータとキューシートの誤差も大きくて、ややこしい。あとで見たら間違ってなかった、
高速4号線をくぐる手前で直進はL358になる。
● ラート・ホイマー、602.6km
18時半、あと25kmで終わりだ。

右折、K99/L99。この道は初めて。
往路で最初のコースミス部分だ。

● グレムベルクホーフェン、605.9km
大きな操車場をくぐって
● ヴェストホーフェン、606.5km
に出る。
操車場をと見ると、ハンプで貨車の仕分け作業中だ。↓(ヴィデオ・モードにすれば良かった・・・・)
a0056401_19492115.jpg

赤い事業用車の後ろにいちだん高くなっているのが、丁度ハンプの頂上で切り離された列車。
左側が滑走を始めている。右側は機関車に連結されていてこの後開放・滑走するのだ。
それぞれ傾斜上にいるのが見える。

また小雨。

反対側には近代的なケルンLRTが走っている。少し前に通り過ぎたベンスベルクにも路線が伸びている。↓
a0056401_19534419.jpg

L82、ケルン方向に右折。

左折、林の中に入る。i.5km程でライン川に出た。
右折、ライン川沿いを下流に向けて走る。

● 612.2km、高速4号線がライン川を渡る、ローデンキルヒェナー橋まで来た。
橋からケルンの大聖堂が見える。
一昨日見た景色だけど、ずいぶん以前のような気がした。

● ホッホキルヒェン、615.9km

雨が完全に上がって晴れてきた。
もうすぐゴールなんですね。もっと早く上がってくれれば楽だったのに。
花を栽培している。↓
a0056401_19545126.jpg

● メッシェニッヒ、618.4km
● フィッシェニッシュ、622.2km
DB、ドイツ鉄道の郊外通勤気動車。↓
a0056401_19562152.jpg

そして
● ブリュール、623.8km
に入った。
スタートしたときは集団で走っていて気がつかなかったが、結構小さなアップダウンが多い。

● ゴール、627.6km
スタートから1km程離れたキャンプ場に着いたのは20時半位だった。
120kmに9時間半もかけた。食事やら立ち話、写真撮影が原因だけど、これがあるから楽しいとも・・・・・

結局丸3日間自転車に乗っていた。満足だけど、何だかまたぞろ走りたい。
...........................................

ARAケルン、600kmブルベはDNFに終わった。
完走した400km以上にいろいろと学べたと思う。
近いうちにもう一度ブルベと同じ設定で、このコースを走ってみようと思っている。



...........................................

このあと、スタート地点に停めた車に自転車を積んで、娘のEのアパートに向いました。
仲間と勉強中だというので、先に近所のレストランに行ってビールを飲み始めたのですが、美味しい事!
ケルシュ、『ケルンの』というタイプの軽めのビールです。
小さくてストレートなグラスで飲みます。
このレストラン、Eの引っ越しの時に見つけて愛用しています。
美味しいしウェイトレスが感じ良いんです。
a0056401_19583764.jpg

a0056401_19592244.jpg

a0056401_2001220.jpg

[PR]
by ichironoda | 2009-07-29 21:17 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31