フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベ 2010 に向けて走ろう。001 Feldberg, RTF

2009年6月27日(土)、6月28日(日)
走行データ

● 6月27日(土)
Feldberg:
フランクフルトで自転車の日本人仲間が増えている。
何となくクラブ結成の模様だが,活動は既に始まっていて・・・・・
クロスバイクにロードーレーサーを買い足したいS氏、あっという間に購入したのはStevens、ドイツの有名メーカーだ。それもしっかりとした構成でフレームから組んでもらうと言うもの。
彼はこのところドンドン体が締まってきていて、格好が良い!





自転車仲間でS氏が行くショップに押しかけた。車はK1氏が運転。
と、彼はもう注文してしまっていた。速い!
我々は店を冷やかしてから小物を若干購入、フランクフルトに戻って解散し,その中の3人だけFeldbergに登ることにした。
メンバーは、むちゃくちゃ走り込んでいるN氏、
ロードレーサーを借りて1ヶ月乗っただけで40kmのレースに出場、完走した、K2氏、
それに自分の3人だ。
Nさんには申し訳ないので1人で何回も上り下りしてもらうことにして,私がK2さんを牽いた。

始めのうちは遅れがちだったK2さん、ギヤがかなり重めの設定だが、途中から食いついて離れなくなった。
途中のヘアピン駐車場で少し休憩した他は、一気に880mまで登った。最急10%だ。
彼のレーサーはbassoの古いタイプだがとても美しい!

そしてついに初登頂だ。
おめでとうございます!。
走行データ



● 6月28日(日)
RTF, 111km:
Nさんのおすすめで、IさんとNさん,それに私でRTF, 111kmに参加した。
フランクフルトのはずれ,ヘキストの球技場からStartする41km, 71km, 111kmだ。
Iさんは私のセラピストでもある。

RTF、ブルベと似ているが,比較的短距離で簡単に参加できるのがミソ。
スタート地点のケーキやソーセージは有料だが、CPの飲み物と果物,クッキーなどは参加費に入っている。
5ユーロの参加費では赤字になりそうだ。
ブルベで配布されるようなコース表(キューシート)はなく,各所に専用の道標がかけられていてそれに従っては知れば完走できる仕組み。
コースを正しくとるのはブルベの課題の一つだが,RTFではその作業がまったくない。

ヘキストはマイン川沿いで標高100mもない。そこからタウヌスの山々に向かって行くのでコースの3分の2までは登りが多く,それも結構急だ。


自宅を6:35に出発、レーデルハイムの国電駅でNさんと待ち合わせる。
彼が道を知っているのでただついて行く。

スタートはブルベと違って時間枠内に好きにスタートする。

8:00、申し込みと支払い,ゼッケン付け,トイレを住ませたが、遅れて到着したIさんと3人で談笑,中々スタートしない。

7:52、Iさんと2人でスタートした。Nさんは超速ドイツ人と走るそうだ。

CP 1:1時間6分、21kmで既にCPだ。


28km地点でGPS(Garmin Corolado300)がら『ピッ』と音がした。電池切れの信号だ。
持ってきたはずの予備電池が見当たらない。仕方がないのでスタンドを探すことにする。
4分後、スタートから1時間28分、29km地点,ディスプレイが消えた。

1時間46分、35km地点にスタンドがあった。電池を入れコーラでのどを潤す。美味い!

坂がきつくなる40km地点あたりまで牽いてもらった。すごく速い!巡航30km/h以上だ。
さすがに上り坂の連続で列車自然解除。好きな時に分離して先に行くようお願いしておいた。
ずっと私のお供ではかわいそうだ。

CP 2:48km、2時間23分、当然NさんもIさんもいない。

途中列車に追い越された。その中の1人がスタンプカードを落として行った。叫んだが聞こえなかったようだ。歩いて戻り拾ってくるKさんという人だ。

やっと下りに転じた。速いし涼しい!54km地点まで下る。

再び登りだ。

76km、3時間46分、最高点のゼーレンベルク、593mだ。

77km、3時間49分、CP 3、最終チェック。
ここでRTFとは無関係のロード2人と話す。

短い登りはあるものの,ゴールまで一気に駆け下りる。

今回のRTFには工事中迂回があるそうだ。
指示に従ってすすむ。
107km, 5時間18分。迷った。コース指示板が見当たらない。どこかで見落としたのだと思う。
そこにRTF参加者が集まってくる。みんな迷っているのだ。
戻る者、直進する者,左折の者。
私はナヴィを見て見当をつけて他の2人と左折した。往路まで進み,ナヴィを逆にたどってゴールした。
その途中,かの2名は別のルートに消えて行った。
後で調べると、少し戻って道なり右折したところを直進するのが正しかったようだ。

117km、5時間49分、ゴール。
走り終わった参加者がくつろいでいる。
ソーセージ、ビール、サンドイッチ、コーヒー、ケーキなどが安く提供されているのだ。
重たい自転車で111km(公称)コースを走ってきたので、一斉に注目を浴びてしまった。

Iさんにビールをごちそうになった。フランクフルト名物『リント・ヴルスト』(牛肉ソーセージ、『その他のドイツの加熱ソーセージ』参照)と一緒に味わう。

しばらく休んだ。
帰ろうとすると左膝が痛い。
Nさんの伴走(ありがとうございました。)でゆっくり走り、帰宅した。


挫折したブルベ600kmで580km走って以来,久しぶりの長距離,それも結構きつい上りの連続だった。
走行距離:144km (自宅との自走を含む)
走行データ
[PR]
by ichironoda | 2009-06-30 15:33 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31