フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベ200km 完走記 5、CP 2 - CP 3

2009年4月18日 (土)・・・・・21日記。23日追記。9月22日CP3到着時刻修正。

CP 2 (58km) - CP 3 (102km)
この付近では水晶鉱山が散在している。

13:
Wallbeck(63km)を通過。
道路工事中で通行止めだ。さてどうしよう。
通りかかった車の女性ドライバー(お赤ちゃんを連れた若いママ)に聞いた。
自転車なら通れるというのでそのまま行くと、土むき出しのすごい登り道だった。
ヨロヨロと進む。



14:
12:40, Morsleben (71km)
このニーダーザクセンのブルベは、旧西独(BRD)と旧東独(DDR)の国境をまたいで走っている。
東から西への逃亡者の中には命を落とした人も多い。
走りながら注意していたが、どこに国境があったかもう分からなかった。後日GPSで確認できたが。

いつの間にか、建物に東独の雰囲気を残している地域に入っている。
Morslebenにある建物。暗い雰囲気で、家々は空五倍子色だ。(色見本の館)より↓
a0056401_1411936.jpg

東独時代は公共の建物だったのかな?

Morslebenでも見られるように、この地方には○○leben (レーベン:『生涯』)のついた地名が多い。
Grasleben (グラースレーベン)
Eilsleben (アイルスレーベン)
Minsleben (ミンスレーベン)
Wasserleben (ヴァッサーレーベン)
Grossalasleben (グロースアルスレーベン)
Kleinalsleben (クラインアルスレーベン)
Wefensleben (ヴェーフェンスレーベン)
Haldensleben (ハルデンスレーベン)
次のCP 3 はWanzleben (ヴァンツレーベン)にある。

Morslebenに立つ道標、国道1号線が村を通っている。↓
a0056401_1535016.jpg

Magdeburg:旧東独の市。銅の半球を2つあわせて中を真空にしたら、馬を16頭使ってやっと離れたいう実験で有名。
Erxleben:またまたleben。
Brauschweig:旧西独。ニーダーザクセン
Helmstedt:西ベルリンで学生だった頃西ドイツに出るには、東独内の高速を100km制限でガタガタ走った。このヘルムシュテットで西独に入った国境の町。懐かしい。

国道1号線から州道103号線を走る。一部は国道245,246aとも重なっている。

15:
13:20, 86km地点。
なだらかな牧草地帯を走る。
廃線の踏切を渡った。いつから列車が走っていないのだろう。↓
a0056401_19362059.jpg

牧草地帯をこの時期に走ると香しい香りがする。
堆肥を集めておいて、↓
a0056401_19445850.jpg

畑に散布しているのだ。↓
a0056401_19453197.jpg

a0056401_19471117.jpg

トラクターが目の前を通った時に風下にいることに気がついた。(いやぁ、まいった。爆)

16 - 17:
14:05, 95km地点。
レムカースレーベン (Remkersleben)、またレーベンだ。
町の入り口に廃線跡と元駅があった。住居として使われているようだ。↓
a0056401_917281.jpg

この踏切にはもう列車は来ない。(な〜〜んちゃって、かっこいい!!)↓
a0056401_919244.jpg


17:
CP 3 (102km)、14:15。ヴァンツレーベン (Wanzleben)
ここでもトイレ休憩だけ、すぐに出発だ。
写真休憩をしているから、どんどん進まないと後がきつくなることを心配している。
[PR]
by ichironoda | 2009-04-22 15:18 | 自転車/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31