フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベに向けて走ろう! 020 画像追加

2009年3月30日(月)

ブルベには坂道がつきもの、ところが登りでのスピードが延びないので困ったもんです。
まあ重いバイクに乗っているせいでもあるんですが、やはり脚力が・・・・・

天気はこれまで最高です。
空気はまだ冷たいのですが太陽光線が強い〜!

素行距離:72.20km
平均速度:15.99km/h
最高速度:63.03km/h

区間:自宅 - Oberursel - Kronberg - Falkenstein - Fuchstanz - Grosser Feldberg - Königstein - 自宅



で、今日は登りを中心に行こう、という事で走りました。

いつものフェルトベルグです。
長野市出身の私にとって、山は故郷です。海や平原も楽しいんですが、やはり周りに山がないと落ち着きません。

フランクフルトにはわずかに山と呼べるような『丘』があります。
タウヌスの山です。
その最高峰がフェルトベルクで、大小の2つがあります。
グローサー・フェルトベルク(大)
クライナー・フェルトベルク(小)
これまで何回も(マイナス8℃の時も)上がったグローサー・フェルトベルクに行きました。

いつものようにギンハイムを抜けて、ノルト・ヴェスト買物街に向かいます。
そこからオーバー・ウルセル(海抜180m)まではだらだらと上って行きます。
ここで携帯が鳴りました。クロンベルクのバイク屋(HiBike)の兄ちゃんからで、ウェアの直しができたから取りに来いとの事。
ちょうどクロンベルクへの分かれ道だったので方向を変えます。

HiBikeでは直したウェアを引き取り、
さらに春、秋用の長袖ウェア(GORE)を買いました。
袖が取り外せるので、そのまま袖だけ直しに出しました。
ドイツの衣料品、腕と脚が長過ぎます(泣)ー 「あんたが短脚短腕なんだってば!」と聞こえます。

ショップのお兄さん、Kの昼飯に同行、安くて美味いイタリアンに行きました。

腹ごしらえが終ったら出発です。
クロンベルク(海抜215m)からファルケンシュタイン(420m)に向かいます。

ファルケンシュタインでは古城(490m)まで上がりました。↓
a0056401_6254829.jpg

普通ならマウンテンバイクで上がるようなでこぼこの未舗装ですごい上り勾配。
距離は短いのに心臓が50cm飛び出したようです。
ここからフランクフルト方面の見晴らしは最高!↓
a0056401_626195.jpg

帰りはブレーキをかけるとそのまま滑り落ちるかと思いました。

ここから山中の遊歩道に入ってフックス・タンツ - 狐の踊り(662m)を目指します。
途中年配のMTBが
「今シーズン初めての走りなので・・・・」
とか言いながら、かなりのスピードで追い越して行きました。強いじゃん!

フックス・タンツからはグローサー・フェルトベルクへの遊歩道が直結しているのですが、
先日の雪で自転車では通行不可能、672mの高度でリターンしました。↓
a0056401_626393.jpg


仕方がないので、せっかく上ったのに・・・・・・いつも通っている州道3004のセルペンティーネの駐車場(553m)まで下ります。
この『セルペンティーネ』、蛇紋岩という意味だそうですが????

後はいつも通り追い越してくる車におびえながら、フェルトベルクまで上がりました。

頂上のレストランではもう空腹でドイツのトンカツ『ウィーン風シュニッツェル』とビールをグラス1杯で休憩します。

帰路、初めて反対側の道を下ってケーニヒシュタインに自転車を転がします。
こちら側は11%の勾配、初めて63km/hを越えました。

ケーニヒシュタインに入ると見た事のある交差点でした。
友人家族がこの近くに住んでいるのです。
ぜひ寄れという事なのでお邪魔しました。
日本人歌手(メゾ・ソプラノ)で、哲学者のご主人(ドイツ人)と学生の長男の2人は、自転車でライン川を走りに行ったとの事。やはり天気がよかったからなあ。
間もなく帰ってきた彼らのコースは、車でエルトヴィルまで行き、そこからザンクト・ゴアまで川沿いに走ったそうです。

話していたら夕暮れが迫ってきました。もう20時を回っています。

帰りは国道455,519,州道3005を使って、リメス、シュヴァルバッハ、エッシュボルンと通過。
あちこち迷いながら家にたどり着きました。
[PR]
by ichironoda | 2009-03-31 06:58 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31