フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベに向けて走ろう! 019、初事故(バンと接触)追記

2009年3月29日(日)

セラピストの石川先生、患者のKさんの3人で30kmほど走ろうという事になっていた。
ところが昨日Kさんからのメールで、落車したとの事、やはり今日は自宅静養に決まった。

後日情報:Kさん、肘の骨がぱっくり割れていたそうです。お大事に。




石川先生と2人で走る。
先生の自転車はWilierのロード、先生は元登録レーサーなので、上り坂になると全然ついていけない。
こっちは初心者の上、シティ・トレッキング車の重いやつだから当然だけど・・・・
Kさんの自宅に集合した後、オーバーウルセルの手前まで行き、クロンベルク方向へ。
途中左折し、フランクフルトに戻るかたちで畑の中を走る。

ニーダーウルセルで先生と別れた。
楽しかった!普段は単独走行ばかりで気ままだが、列車には列車の魅力が詰まっている。
先生、ありがとうございました。遅い自分を引っ張っていただいて感謝してます。



先生と別れた後、家まで1kmほどの大きな交差点、赤信号で自転車レーンに停まっていた。
青に変わると同時に発進、そのとき左からアメ車(バン)の鼻先が左から迫ってくるのが見えた。
右折するバンのサイドミラーにまず引っ掛けられ、車体に引きずられる格好になった。
車が行き過ぎて、自分は左に転倒。

当事車と目撃車が停車した。
さいわいどこも怪我はしていないし、衣服も問題なし。自転車も壊れていない。
向こうが全面的にミスを認めたし、こっちは左肘を軽く打ってちょっと赤くなっただけ、痛みもほとんどない。
相手は車の塗装に傷がついている。
びっくりしたと思う。これで将来は気をつけて右折するだろう、ということでそのまま済ませた。
バンだから滑らかな車体側面に、スムーズに寄りかかる格好になってゆっくり転倒したので、助かったのだと思う。

ドライバーさん気をつけてね!
[PR]
by ichironoda | 2009-03-29 21:09 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31