フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベに向けて走ろう! 016

2009年3月15日 (日)

走行距離: 110km
Ave.: 18.21km/h
走行実時間: 6時間3分

昼頃家を出た。またまたグズグズ・・・・



今日の目的地はアッシャッフェンブルク、バイエルン州に属する美しい町だ。

フランクフルトの飲屋街、ザクセンハウゼンの坂を登って行く。
登り始めてすぐにヘニーガー・ビールのヘニンガー・トゥルム(塔)が見える。↓
a0056401_265839.jpg

今は隣に建っているビンディング・ビールに吸収されてしまったが、以前のライバルだ。
1983年だったか。亡母がフランクフルト滞在で最後の晩にここの回転展望レストランで食事した。↓
a0056401_215924.jpg

今は閉鎖されてしまっている。

去年まで行われたRund um Henninger Turmという自転車レースも、今年からは形と名前を変えている。

ザクセンハウゼン山を登りきると、森の中にゲーテ塔が建っている。高さ43m、木造だ。↓
a0056401_217061.jpg


ここから森の中をゆっくりと下って行く。
前回迷ったので今日はしっかりと走る。
ホイゼンシュタムで雨が当たり始める。
ロドガウを通過、ここからゼーリゲンシュタットまでは森と野原の道で抜けた。

ゼーリゲンシュタット駅前に『クライン』という地ビール屋がある。
エネルギーと水分補給に入る事にした。
ビールは2種類試したがいずれも程よい苦みで美味しかった。
食事の方は・・・・・・まあ及第点ですね。問題はグリルと称しているけど最後に油で揚げてある事。

店内には客がただ1人。でもよく見ると・・・・ん、自転車乗りだ!
格好良くピナレロのロード・レーサーで走り去って行った。
そのうちにもう1人自転車乗りが入ってきた。トレッキングタイプだ。
トイレに行って帰ったら2人組の自転車乗りが増えている。1人はスペシャライズドの真っ赤なウェアで、マウンテン・バイク系のようだった。
この間自分も含めて自転車乗り5人、他の客は4人家族が一組だけだった。


ここでちょっと迷った。フランクフルトに帰るかアッシャッフェンブルクまで行くか・・・・
すぐに決断(ってほどでもないけど)、行く事にした。

羊飼いだ!
初めて間近で見る。話しかけて写真を撮らせてもらった。ここにいるのは200頭だそうだ。
典型的な羊飼い、緑の長いマント、帽子、杖を持って犬を連れている。
a0056401_218734.jpg

羊の草を食むスピードが恐ろしく速い!休みなく食べている。


途中サイクリング道が工事中で閉鎖だ。
仕方が無いので端のあるところまで少し戻って、対岸へ。

いよいよアッシャッフェンブルクのお城、ヨハニスブルク城が見えて来た。↓
a0056401_2464140.jpg


っと、また道が閉鎖だ。Hochwasser、つまり水位が上がったって事だ。
このところ雨ばかり降っているし、暖かくなって来ているのでアルプスの雪解け水も原因だと思う。↓
a0056401_2473163.jpg

実際にどこまで行けるか試そう。
ポンペヤナー(ポンペイ人)のワイン畑↓を通り過ぎて、
a0056401_36546.jpg

お城の少し手前で水没している。↓
a0056401_2483250.jpg

しょうがないのでやはり少し戻って一般道に出る。

お城の手前には美しい庭園(シュロス・ガルテン)は美しい森だ。
庭園からマイン川への斜面にポンペヤナーのワイン畑がへばりついている。
第2次世界大戦直後に生食用のブドウを栽培したが、甘くておいしいイタリア産のブドウに適わず、
葡萄酒を作る事にしたという。ボックス・ボイテルと呼ばれる、羊の胃袋を模した瓶に入っている。
ポンペイの発掘にちなんで、ルドヴィヒ1世が建てたポンペヤヌム、今は博物館になっている。↓
a0056401_3134219.jpg

庭園から見たヨハニスブルク城、パヴィリオン↓↓
a0056401_3162448.jpg

a0056401_3164811.jpg

時間が遅く、また帰りの事もあるので中を見る事はできなかったが、ヨハニスブルク城では演奏したことがある。
中庭・・・・
a0056401_3205737.jpg


奇麗な町だ。
バイエルン州だという証拠がこれ。白・明るい青の菱形が目印だ。↓
a0056401_3221365.jpg

なかなか良さそうなレストランがたくさんあったが、次回にしよう。↓
a0056401_3232662.jpg


トイレを借りたくてバーガーキングに入る。ここならいちいち言われる事は無い。
ついでに軽く食事し、ヘルメットにライトを取り付けた。帰路は暗いはずなのだ。

19時既に夕暮れだ。
工事中のため通れず渡った橋のところまでは順調にきた。
ここで対岸に渡る。往路をたどる事になる。


グリム兄弟の生地、ハナウに入って、間違えて橋を渡ってしまった。
これも面白いのでそのまま走る。ところがここでまた水没のため迂回させられた。
でもそのおかげで、美しく夜間照明で浮かび上がるフィリップスルーエ宮殿の前を通ることができた。


帰路はどうも伸びが悪い。
つかれている上向かい風が原因。上り坂は好きだけれど向かい風は嫌いだ。(わがまま!)

やっとフランクフルトに入った。
明るいのは良いけれど車が多いのと信号待ちが面倒だ。

家に着いたらもうヘロヘロ、先日の150kmの時の方が疲れていない。
でも食事したら元気になった。

これで3日続けて、80km, 60km, 110kmと合計250km走った。
体が気持ち良い。でも明日は体を休ませないといけないなぁ。
[PR]
by ichironoda | 2009-03-16 08:01 | 自転車/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31