フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベに向けて走ろう! 009

2009年02月18日 (水)

63.37km, ave 17.53km/h (この内、4.5kmはオペラ往復です)

午前中のリハーサル、モーリス・ラヴェル作曲『スペインの時間』、マヌエル・デ・ファリァ作曲『はかなき人生』の2本立てが13時に終わって帰宅、昼食をとって、さあどこに行こう?

これまで二回とも時間切れで挫折したフェルトベルク(Feldberg)に決定しました。
ブルベには結構坂があるらしいのでその訓練ですね。





前回も休憩した、地下鉄3号線の終点ホーエマルク(Hohemark)までは、ずいぶん早くすんなり行けました。1時間5分かかりました。330mの高さ、フランクフルトは105kmです。気温は0℃を指していました。フランクフルトは2-3℃ありましたが。

ここで水とパワー・バーでエネルギー補給します。でもここで手を冷やしちゃったのは失敗でした。
走り初めてすぐに気温が下がり始め、手が温まらないのです。

とにかくどんどん登ります。
気温が下がってきました。前回の折り返し地点(海抜470m)を通り過ぎ、ますますグイグイ進みます。あちこち雪解け水が凍結しているので、帰りが怖いです。

少し暗くなってきました、後ろからどんどん車に追い抜かれます。勤めから帰る人たちでしょう。
その1台はクラクションを鳴らして行きました。反対車線に飛び出すことなく楽に自転車を追い越せる道幅なのに、ひどいもんです。

だんだん暗くなって来ました。
これまでずっとフロントは2枚目を使っていましたが、ちょっと楽にクランクを回そうとインナーにカチャ、????入りません。しばらくそのまま走りましたが、この先勾配がきつくなると困るので駐車場に止めて点検です。
やめとけば良いのにディレーラーのネジを回して調整使用したのが失敗、どうにも上手く上がってきません。だんだん暗くなるし手は冷たい!
ウインドブレーカーを着込んで、ヘルメットにヘッドライトをつけます。作業のためです。
うまくいかない!
そのときフランクフルトナンバーの車が一台止まってお兄さんが出てきました。
自転車の事をよく知っていて調整してくれた上、チェーンスプレーまでもらっちゃいました。
助かった!
でも寒さが原因だったようで、その後もインナーは入らないまま2枚目で上がっちゃいました。

初めて自転車で来たフェルトベルク、もう真っ暗でマイナス8℃、寒い訳です。
そり滑りの人がまだレストランに残っていました。
残念ながら既にオーダー終了。熱いスープでもと思っていたのにがっかり、でも美しい女主人と、やはり美人のウエイトレスの感じのいい対応ですっかり心が温まります。
飲み物はまだできるというのでココアを2杯飲みました。

手が温まったので帰ります。
帰路は怖い!暗いし、道は凍結、40-45km/hで風を切って走ると耳はちぎれんばかりです。
体が冷えるのでクランクは踏んでいます。
幸い滑らずにホーヘマルクまで下りることができました。人の住んでいるところにくると温度が上がっているのが体験できますね。

家について水筒の水を飲もうと思ったら凍っていました。
帰りはむちゃくちゃ脚が回り、すごいスピードでした(私にとっては、ね)へへへ。

後でスピードと温度の表を見たら、マイナス8℃の中、時速40km/hだとマイナス28℃と同じ寒さなんだそうです。最高速は52km/hだったからマイナス30℃以下ですね、きっと。
[PR]
by ichironoda | 2009-02-19 07:09 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31