フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベに向けて走ろう! 003

2009年1月29日(木)

今朝こそは早起きして100kmを!
と張り切ったもののさすがに昨日の疲れが溜まっているようです。

結局家を出ることができたのは10時半。昨日より遅いぜ!!



さて目的地は・・・・・・

昨日は40km離れた町だったからきょうは50kmでマインツに決定。
マイン川沿いに走れば楽なんじゃないかとたかをくくりました。

走り出しはいつも最高調です!
実は家の前が軽い下り坂なんで、当然なんですが。まあ気は心、で。

マイン川沿い、下流に向けて左側を快走します。
一応サイクリングマップを持っているので「見なきゃ損」、と見たのが間違いのもと。
何やってんだか変な住宅街に入って時間ロスしました。シュヴァンハイムという町でした。

でもここで面白いものを見かけました。
自転車に乗った警官が子供たちを数人引き連れてサイクリングしているんです。
2組見かけました。警察の交通教育の一環ですね。
そういえば私の娘が小さかった時も、学校に警官が来て講習会・テストをして自転車パスなるものを発行してましたね。

さてコースに戻ると高速のジャンクションの中に突入します。
ご心配なく、高速を走る訳ではありません。その脇を自転車道にしていて、ジェットコースターのようにぐるぐる回されるんです。面白いけど同じところを回っているみたいで損した気分。

やがて川沿いに戻りました。
ここで中年の自転車乗りに追いつきます。ちょっと遅めだったので声をかけて追い越し、こっちはぐんぐん進みます。
ふと後ろから迫ってくる気配が・・・・・・・・。
なんとくだんの中年、猛スピードで追い上げてきます。
あっという間に抜かれて先に行っちゃいました。
こっちはなんだかばててしまって休憩。あーあ、情けない。
フランクフルト国際空港の脇にあって、運送業者がたくさんあるケルスターバッハと言う町でした。

さすがに昨日の疲れが出て、脚が回りません。
歯医者と運動医療のアポイントがあるのでそろそろ引き返さないと間に合いません。
帰路は川の反対側を走る事にします。

マイン川は輸送船・観光船のルートです。
高度差をとるために各所に閘門(こうもん)が設置されています。
(初めてこの名称を調べました。良い年して恥ずかしい)
で、エッダースハイムの閘門の上を川の反対側に渡ります。
ここの階段が急で、重装備の自転車を持ち上げるのが大変でした。椎間板が出てこないと良いんですが。

さて颯爽とフランクフルトに戻ります。と書きたいところですが、寒さと昨日の疲れでなかなか進みません。重い重い!
その上向かい風とぬかるみが重なって、なんと時速10kmママチャリ的速度です(本当はママチャリもっと速いです。600kmブルベをママチャリで完走しちゃったすごい人もいます)

オークリフテルの辺りが一番きつかった!
やっと抜けて再び川の反対側へ。ここで例のジェットコースターに入ります。
以前向かい風が強くて、もう今日は走りたくない!って気持ちでしたね。

フランクフルト市のマイン川遊歩・自転車道に入ったら、突然暖かい日本そばが目に浮かびました。もうこうなったら『かけそば』しかない!!!!
かみさんに携帯で電話して注文です。
急に元気が出て一目散に家へ!(気持ちだけね。スピードは上がってません)

結局2時間50分で50km、平均17.6km/h。
向かい風、ぬかるみ、疲れを考えに入れたら、少し上がってきてますね(良かった)。
[PR]
by ichironoda | 2009-01-30 17:45 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31