フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

2013年 ブルベ 01, ニーダーライン200km

2013年3月2日(土)・・・・・・3月15日(金)、完結

2013年の初ブルベは、ニーダーラインの200kmでした。

オランダを走るので全く平坦です。GPSiesにアップした自動修正されたデータによれば0m - 37mということです。
それでも200km走ると累積が680mを超えてますね。
オランダで厳しいのは向風ですが、今回は弱風か追い風で楽な走行になりました。
よく出会う仲間と新人でグループができあがり、いつも6~8人が一緒に走りました。最後まで会話がつきません。

写真集



前日の3月1日(木)、ニーダーゼルタース経由でケルンに車を飛ばしました。
ニーダーゼルタースには知り合いのマッサージ師が住んでいて体をほぐしてもらいます。
去年、ドイツ・フレッシュとニーダーザクセン600kmの間がちょうど24時間ありました。フレッシュのゴールからスタートまで列車で移動、キャプテンのハンノの家でマッサージを受けました。その後一眠りしてからニーダーザクセン600kmのスタート地まで400km車を飛ばしたのです。

ケルンは娘のEのアパート泊です。スタート地点まで100km、車で1時間ほどなので、明朝のスタート前は結構余裕があります。これでホテル代が浮くわけ、とは言っても宿泊代として娘と食事に行ったので出費はあるんですけどね。
今回の夕食ははネパール料理にしました。ネパール餃子の『モモ』と各種カレーです。Eのボーイフレンド、ルカス君も合流しました。ルカス君はジャズベース専攻の学生です。

当日3月2日。
主催者のミヒャエル+モニからは「参加者が多いので早めに来て手続きを済ませて!」というメールが入っていたので、なんと6時起きです。朝食と出発でグズグズしても、これならスタートの1時間半前、8時半には着くでしょう。で、その通りになりました。

ヴェロモビルと自転車が何台かすでに駐まっています。↓
a0056401_7515083.jpg


さっそくサインを済ませましたが、受付の近くに居た何人かがニヤニヤしながら、
「今日は何を落とすんだい?」
ったく! 実は去年の同じブルベ200kmで現金ビニール袋を落としたのです。なんと参加者の一人が届けてくれたのですが。

いつもの顔ぶれ、コックのフーベルト君、医者のマティアス君、やはり医者のハンノ君、ジャズ評論家のトーマス君、他にも顔だけ知っている参加者が何人か居ます。↓
a0056401_7542545.jpg

a0056401_7552016.jpg

a0056401_754547.jpg


そのうちどんどん集まってきました。オランダが近いのとこの付近が平坦なのでヴェロモビルが結構居ます。さらに普通のハンドル車やら古いMTB、シティ車などロード以外が意外と多く見えました。↓
a0056401_7532493.jpg

a0056401_7535234.jpg


ヴェロモビルの一台、自動車のナンバープレートをもじったプレート【CO2 フリー】と小さく書いてあります。↓
a0056401_7563996.jpg


と、髭もじゃの青年に声をかけられました。黄色いジャケットを着ています。デニス君に違いありません。フランクフルトから初ブルベ参加です。↓
a0056401_7572723.jpg


-----------------------------------
このブルベの3日ほど前、ブルベ用品を買いに新装開店になったアウトドア専門店に行った。
売り場の青年と話しながら品選びをしていたら、
「え、土曜日のニーダーラインブルベに出るんですか?」
と聞いてきた。同僚のデニスが2週間休みを取っていて、それは初めて走るブルベ(ニーダーラインブルベ200km)ため。彼は半年前からいろいろと準備をして、仲間や同僚には情熱的にブルベについて話している。とのことだった。その青年、ヤン君は『デニスにあったらよろしく」といってうれしそうにしていた。

-----------------------------------

主催者のミヒャエルとモニ、去年結婚したばかりです。
ミヒャエルは試走してすでに『完走』済み、モニは足に怪我をしていて走れません。

参加者が多いのでグループに分かれてスタートします。スタートラインにはモニとミヒャエルがブルベカードに数字(グループ名)を書き込んでいきます。
『5』をもらいました。10分遅れのスタートになり、CP 1からゴールまでの制限時間がすべて10分遅れで計算されます。
『4』の人がまだいて混じってしまっているみたいです。良いのかな?

今回の難点は気温です。予報では 0 - 6℃、実際には 2 - 5℃ でした。
どうせ汗をかくので少し薄めに準備、寒くなった時のためにサイクリングズボン、ヴェスト、アームウォーマー、さらに揉むと暖かくなるカイロ(手、足用各1)を荷物に入れてあります。スタート直後や休憩直後、終盤の体力を使った後などは悪寒がするほど寒くなります。


■ Start: 0 km, 10:10 (10:00, 第5グループは10分後)

3kmでもうオランダ国境をこえます。といっても何もなくて、道路標識や町名の看板様式が変わって何となくわかる程度です。地名や屋号はオランダ語と平地ドイツ語がそっくりなのでほとんど区別がつきません。家々の建築様式や材料でも同じ事が言えますね。
道の両側には自転車レーンが色分けされています。↓
a0056401_16414825.jpg


● 9.2 km, ウェラーローイ(Wellerlooi)

東に進んでいくとマース河に出ました。都市『マーストリヒト(Maastricht)』の『マース(Maas)』です。3km程川に沿って北西に進みます。
橋を渡って西北西へ。

● 15.9 km, ワンスム (Wansum)
● 21.9 km, オイルロ (Oirlo)
● 28.2 km, メーテリク (Meterik)
● 32.7 km, セヴェヌム (Sevenum)

第2次世界大戦の物でしょう、墜落した飛行機のプロペラが展示され戦没者の名前が刻まれています。
【曲がった。でも折れなかった。】とオランダ語で書かれていました。↓
a0056401_1640910.jpg

a0056401_16404134.jpg


● 40.2 km, マースブリー/ブリー (Maasbree - Bree)
● 52.7 km, ケッセル (Kessel)

公園の中にたたずむ城跡。↓
a0056401_17231976.jpg


ネールの手前でまたマース河にでました。
これから川に沿って上流に向かいます。
前を走っている2人はブルベ初参加です。右側が前述のデニス君で左はフィリップ君。両方ともフランクフルトからの参加です。↓
a0056401_16425688.jpg

a0056401_1723553.jpg


● 59 km, ネール (Neer)
● 62.4 km, ブッヘヌム (Buggenum)
● 70 km, ベーヒデン (Beegden)
● 71.7 km, ヒール (Heel)
● 73.9 km, パンヒール (Panheel)
● 77.7 km, トルン (Thorn)


■ CP 1: 77.8 km, 13:40 (12:18 - 15:12, 実際にはそれぞれ10分後)
コントロールはレストラン。【パンネンクーケンバッカー (Pannenkoekenbakker)】という名の【パンケーキ家】です。20軒弱のチェーンでオランダ国内だけでなくドイツにまで支店があるようです。食べたのは酢漬けキャベツとソーセージのパンケーキ。キャベツは練り込んであります。見た目と違って軽くて美味しいんです、これが。残念ながら写真を取り忘れました。
注文してから随分待たされたので出発が遅れました。かれこれ1時間くらい休んだように記憶しています。↓
a0056401_17254782.jpg


トルンを出てしばらくは来たコースを戻ります。その後左折して運河沿いに北北西に。
古い船が美しい!↓
a0056401_17264157.jpg

a0056401_17261839.jpg


運河沿いではスパートしてカシャッ。↓
a0056401_17271980.jpg


運河沿いの道を13km程まっすぐに走ります。本当に直線です。
川の反対側に渡って1km, 左に曲がる運河と別れを告げると
● 95 km, ネーダーヴィールト (Nederweert)
です。
ネーダーヴィールト を過ぎると茅葺き屋根の家↓が見えました。「フォトシューティング」と叫んで皆を通過させるので、またおいて行かれます。
この地方の茅葺き屋根は裾の方が瓦葺きになっていて奇妙な感じです。↓
a0056401_17282952.jpg


馬に呼びかけたけど無視された。↓
a0056401_17291255.jpg


● 111.3 km, ホイスデン (Heusden)
● 111.7 km, アステン (Asten)
● 117.7 km, フリールデン (Vlierden)
● 118.8 km, デュルネ (Deurne)


左手のファーマー、広い庭に羊と鶏が戯れています。↓
a0056401_1731045.jpg

a0056401_21524724.jpg


● 125.9 km, ミルヒーズ (Milheeze)
● 132.6 km, デ・リプス (De Rips)

街の入り口のロータリー手前に森が広がっていて、休憩小屋が見えました。ここで20分ほど休んだかな?。↓
a0056401_22371752.jpg

a0056401_22383758.jpg


6人グループです。ブルベでは一人一人で走りますが、スピードがそろってくると自然とグループができます。誰か新しくくれば一緒に走るし、勝手に抜けても誰も何も言いません。
道の反対側の店先に気温が出てました。4℃です。

● 140.4 km, オプルー (Oploo)
去年も撮影した風車小屋。保存されています。オランダ、ドイツなどに数多くあった風車ですが、あちこちで保存運動が盛んです。
ここの【ドゥ・コーレンブルーム】(De Korenbloem)もその一つです。↓
a0056401_2224113.jpg


● (148 km), ボックスミール (Boxmeer)
● 152.4 km、ボイヒェン (Beugen)
● 155 km、エッフェルト (Oeffelt)

ちょっと暗くなってきました。
ヘッドライト、テールライト共ハブダイナモで駆動しています。暗くなると自動的に点灯し、テールに至っては速度を急激に落とすと明るく光ります。つまりブレーキ灯なのです。これまでは休憩などで電池節約のためにいちいち切って、走りだしてから点灯させてないことに気がついて止まる、ってなことが良くありました。今は気にせずに走れるし、トンネルなどで急に暗くなっても大丈夫!
蛍光ヴェストとヘルメットライトは次のCPが近いのでそれまでお預けです。ハンノも気になったと見えて
「イチロー、次のCPでも良いよね?」と聞いてきました。

● 159.8 km、ケイク (Cuijk)

■ CP 2: 163.5 km, 18:59 (14:49 - 20:56, 実際にはそれぞれ10分後)
CP 2はシェル・ガソリンスタンドです。到着すると別のグループがちょうど出発するところでした。例のフーベルト君も見えます。
コーヒーと軽食、トイレ、それに夜間装備で25分ほどで再スタートしました。
ヘッドライト2灯 (フォークに取り付けたハブダイナモ駆動+バッテリー駆動のヘルメットライト)、
テールライト3灯 (キャリアに取り付けたハブダイナモ駆動ブレーキライト、リアバッグにつけた尾灯、同じものを蛍光ヴェストの背中にも一つ)
リアバッグのテールライトがどうも弱いようです。電池をけちったのがいけなかったなぁ。

CP 2から2km程でマース河に出ます。マースに並行して南下しますが、先頭を走っているハンノが急に左折、土手に上っちゃいました。
コースと川の間を走る土手道ですが、工事中で通行止めになりました。トーマスは「コースから外れている!」と叫んでいますが、まあ数十メートル左に並行してずれているだけなのでみんな無視。かわいそ。
しばらく走るとコースに収束合流しました。同時に往路を逆走する形になります。

● 167.6 km、エッフェルト (Oeffelt)
ここで往路コースから左に分かれドイツ方向、東に進路を変えました。

● 170 km、ヒャンネップ (Gennep)
● 182.2 km、シーベンヒャヴァルト (Siebengewald)


フィリップが止まって遅れました。ダイナモの調子がおかしかったそうです。
彼のダイナモはBBの近くにつけるタイプで、どこかがずれたと言っていました。

ゴールまで10kmというところでハンガーノック気味です。
走りながらハンドルバッグを開け手当たり次第に食べます。煎餅、パワーゲル、塩飴、ダッテル・・・
速度が落ちるのでフィリップが追いついてきました。


暗い中をグループで走ります。
ドイツと違ってオランダでは自転車のサイクルレーン/サイクルロード走行が厳しく決められています。忠実に守りますが、煉瓦敷きなどが多くてなかなかスピードが出ません。

標識の字体とデザインが変わりました。ドイツに入ったからです。

■ CP 3 (Goal): 200 km, 21:20 (15:53 - 23:30, 実際にはそれぞれ10分後)

シングルで走ったデニスと古いクロモリロードのフィリップはブルベ初参加、見事に完走しました。おめでとう!
最後まで一緒だった6人がそれぞれに相手を変えて完走を祝いました。


今回主催者のミヒャエル・モニ夫妻は走ってません。モニは足が故障、ミヒャエルは先週に試走して認定済みです。
いつものグラッシュ・スープをごちそうになります。


今回はケルンで1泊、ここまで1時間で来ましたが、帰りは仮眠してフランクフルトまで帰るつもりでした。
大きいと言ってもステーションの車内は自転車一杯になります。ハンノが自転車の錠とマットレスを貸してくれました。
自転車は外にくくりつけて車内でマットレスの上に寝ろ、というわけです。ありがたく借ります。譜連句フルとへのと週でハンノのリンブルクの家によってカーポートにおいていけば良いと言ってくれました。

シャワーを浴びますが、暖房のない脱衣所は表と同じ2℃です。寒くて震えました。
さっぱりしてくるまで寝ようと思いましたが、まだ22:30、ケルンまで1時間なのでまた娘のアパートで仮眠することにしました。眠くないので運転できます。
高速に乗ってから娘に電話すると、彼氏の家にいるからそっちによって嘉義を持って行けとのこと。

ケルンの近く、まだ元気です。2時間(200km)でフランクフルトなので走ってしまいましょう!娘はキャンセルしました。

元気と言っても今年になって初の200km、さすがに高速で眠くなり3,4回休憩所に入りました。

ハンノの家(リンブルク)についたのは2時半だったかな? マットレス、錠、お礼のキャンディをカーポートに忍ばせます。


向かい風もほとんど無く、平坦で楽しいサイクリング・ブルベになりました。


データ ---------------

サイクルコンピュータ:
走行距離:202.64 km
走行時平均速度:21.52 km/h
走行時間:9時間 37分 42秒
最高速度:35.48 km/h


GPS(Garmin Oregon 450):
システムダウンのため、欠けた部分を記憶に沿って修正してあります。


走行距離:203.01 km
総経過時間:12時間 28分 11秒
移動時間:8時間 59分 10秒
総平均速度:16.03 km/h

走行ルート(GPS) GPSies - 2013-03-02 Brevet-200km Niederrhein

累積高度(GPSiesサイト):678m

ブルベカード:↓
a0056401_22261268.jpg

a0056401_22264123.jpg

[PR]
by ichironoda | 2013-03-15 08:02 | 自転車/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30