フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ヴェロモビル・試乗旅行、まずは結論。

2011年8月17日(水) - 21日(日)・・・・・未完 (GPSデータ未掲載)

以前から気になっていた[ヴェロモビル]、ついに試乗してきた。

パリ・ブレスト・パリ (PBP)は出場資格が取れなかったので、時間は空いていた。
オペラの仕事が23日(火)から始まるけど休みを取っておいたのだ。
ちなみにPBPは21日から25日まで。

総走行記録
予定のコース (GPS):
実際の走行コース (GPS):
ソフトの都合でGPSデータは後日アップ予定

走行記録 (GPS):

走行記録 (サイクルコンピュータ):
距離:約850km
時間:約48時間
平均速度:約17.7km/h



目的地はフランクフルトの北、350km。(直線距離)

マーシャルのランドナーで自走、試乗後はどこかによって観光、という大まかな予定を立てた(って程のもんじゃないか)。

ブルベじゃないし、4〜5泊したいから荷物も増えるから一気に350kmはきつい。

17日、250km地点、Bad Salzufelnまで。安ホテル1泊目
18日、残りの100kmを往復、ヴェロモビル試乗。Bad Salzufelnの安ホテル2泊目
19日、休憩日。Bad Salzufelnの安ホテル3泊目
20日、ケルンまで200km走行、娘のEのところに居候
21日、ライン川沿いにコブレンツまで自走、そこから鉄道でフランクフルトへ

という結果になった。

最初はケルンでなくてバンベルクに周り、恩師に挨拶にいこうと思ったが、先生がちょうど不在ということで取りやめた。


ヴェロモビル:

今回試乗したのは
Milan MKII
Milan SL

の2車種。

まずはMKIIに乗った。
乗車が結構大変だけど、すぐに慣れる。
漕ぎ出しは重いけど、いやな感じではない。すぐに30km/hを軽く越える。(平坦舗装道路)
脚の動きがハンドルに影響してまっすぐに走らない。蛇行しちゃうのだ。
一旦スピードに乗ったらスイスイとどこまでも行けそうな気がする!
歩行者が笑いかけてくる。
ブレーキの効きが素晴らしい。指先をちょこっとかけると、グンッと減速してしまう。安心感抜群だ。
村を3つほど通過してから戻った。

Milan SL
軽量で細めのボディ、道路とのクリアランスも小さい。
記録樹立やレースのためのマシンだ。
ところが以外とスピードがでない。後から聞いたら、事故車を修理したばかりとのこと。整備が悪くて抵抗が大きい感じだ。

車内はとにかくうるさい。サスペンションが無いせいだ。タイムを競うために軽量化している。余分なものは付いていない【レーサー】なのが良く分かる

かかとが床を、ふくらはぎがボディを擦って漕ぎにくい。これは自分の身長が低いのとがに股のせいだ。
ボディは極限まで小さくしてある。小さくても脚は回さなきゃいけないし、脚も動くからその分は膨らませてある。ところが身長のせいでそれにフィットしていないのだ。(とほほ)
当然、荷物積載量もMKIIに比べてすくない。

結果:
自分に合っているのは、サスペンションが効いていて乗り心地が良い、荷物もたくさん積めるMKIIだと思う。
とにかく乗っていて楽しい。体への負担がどこにもないのだ。
腕を肘掛けに載せて、脱力してハンドルを操作すれば、直進性も問題ない。最初はハンドルをしっかりと持ちすぎていたのだ。

問題は価格。
おおよそ1万ユーロほどになると思う。

反面、次のように節約できる部分も多い。
1,ガソリン代、保険、税金が一切かからないのはうれしい。
2,ヘルメット、防寒着(冬季用ジャージなど)、手袋等は必要が無くなる。
3,チェーンなどの駆動系の痛みが、普通の自転車に比べて格段にすくない。
4,転倒、車との接触で怪我をするリスクがかなり減る。手の平へのダメージもない。(健康保険、病欠による収入減)
5,時間の節約(とにかく普通の自転車より遙かに速い)ー 食料、飲料の節約。
6,雨天、降雪時も走ることができる。(電車、バス、タクシー代金節約)

積雪時は走行不能だけど、これは普通の自転車でも同じ事。

とても貴重な体験だった。

後日、ニーダーザクセンの600kmブルベで出会ったドイツ人ライダーと連絡を取ったら、彼もヴェロモビルに乗り換えることを検討していたということだ。先日のパリ・ブレスト・パリでは夜間、まともに見えなくなって棄権したそうだ。
彼の場合は視力に問題がある。これは自分も同じ。
[PR]
by ichironoda | 2011-08-26 06:45 | 旅行/Reise
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30