フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ロードレーサー買い換え

これまでブルベで使っていたビアンキのフルカーボン・ロードバイク、とても好きで可愛かったけれど、【なんだか自分の世界とは違う】という気がずっとしていた。
軽いし、奇麗だし、格好良いし・・・・・でも何か違う。

そう感じながら乗っていたけど、最近になって分かってきた。何が違うのか?が。



自分の走るスタイルとは違うのだ。
今走って楽しいのはブルベ。そして「いつかきっと!」と夢見ているのが自転車世界旅行だ。
こうなるとやはりランドナーや、グラン・ツーリング車(こんな言葉あるのかな?)が適している。

前日の金曜日、ビアンキを買った店に連絡、事情を話して、ビアンキ用に注文してあった部品などをキャンセルした。
店長のマルコ曰く「え、あんな良い自転車をもう売っちゃうのか??? なんで〜〜〜???」


いろいろ調べた結果、Marschallというカスタムフレームに行き着いた。
元プロレーサーが作るフレームで、素材はステンレス。

2011年2月26日(土)車を走らせた。260km程だ。
2009年ケルンのブルベ600kmのコースのすぐそばだった。

走行スタイルと目的を話し、体の採寸、パーツの選択をする。
話が終わらず最近のドイツ経済から政治、外人問題、自然、家庭のことなどに話が飛ぶ。
彼も鐵道模型が趣味だった!自転車の工房のあちこちに鐵道模型車両や部品、ストラクチャー(建物)が散乱している。

ロードバイクを元にランドナー的味付けのラグ付きフレーム
表面は単なる磨き。鏡面磨きは高い!
塗装か未塗装かは後で決めることにした。

1) シマノ105、フロント3枚、後ろは多分12-25。
2) 前輪には SONのハブダイナモ付き
余談:このSONという会社、自転車用ハブダイナモ、ヘッドライトと、木管楽器のリード切削用工具を作っているのです。 (RTF, ロードバイクの週末ロングライド、40-150km、では Fulcrum Racing 5 に履き替え)
3) ステンレス製泥よけ (RTF, ロードバイクの週末ロングライド、40-150km、では取り外し)
4) 軽量後部キャリヤ (RTF, ロードバイクの週末ロングライド、40-150km、では取り外し)
5) フォークの肩部分はチネリ型が欲しかったけど、タイヤとのクリアランスの関係で肩の張ったタイプ(太めのタイヤ、泥よけの関係です)
6) サドル(Selle San Marco Royal)、後輪(Fulcru Racing 5)、ペダル(シマノXTR)は手持ちのを使うことで節約。後輪は雰囲気が全然違うけど・・・


2時間以上滞在した。
ケルンに向かう。
娘に電話して遅い昼を食べることに。
寿司を食べようと言うことになったが・・・ネットで調べるとまともな寿司屋は午後閉店している。
そこでエチオピア料理に決定。
FASIKAで食べた。
ここは大当たり、ととも美味しかった!

車で550kmほど走ってきたが、疲れる。
自転車の方が楽だ・・・・・・
[PR]
by ichironoda | 2011-02-28 07:59 | 自転車/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31