フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ライン川沿い走行、コブレンツからフランクフルトまで

楽器の調子がどうも良くない。
調べたら案の定、裏板が側板から少しはがれていた。
側板に新しい割れも見られる。
早速コブレンツの木村さんに連絡を取った。
ちょうど仕事が2日半空いているので修理に出すことにした。



今日、2月7日月曜日、気温はフランクフルトが5-6℃、コブレンツが8-13℃、雨は降らないとのこと。
忘れ物が大くて出発が遅れた。
楽器とロードを積んでかみさんとコブレンツに向かう。

12時40分、かみさんは車でフランクフルトへ、小生はロードでフランクフルトへ。
冬の怠けで脚ができていないので登りはきつい。ケイダンスを上げる目的で平坦長距離を選んだ。
つまりライン川沿いだ。
ついでに事故船も見ることが出来るだろう。

-----------------------------------------
1月13日、BASFで硫酸を満載したタンカーがルードヴィヒスハーフェン(Ludwigshafen)をスタート、ライン川を下り、ローレライを過ぎたところで座礁・転覆した。
この事故で乗組員4人の内2名が救助されたが2名は行方不明になっている。
硫酸が水と混じるとことによっては大変なことになる。大変なことになると大変だ!(筒井康隆)
2400tの内すでに900tが安全弁などから漏れたと見られる。
安全のため少量ずつライン川の水に流す作業も行われたそうだ。環境には影響がない程度だという。
-----------------------------------------

コブレンツを出てしばらくはライン川沿いを30km/h巡航で飛ばす。
そのうちに向かい風が強くなってきた。昨日のホーエシュトラーセほどではないけれど、平坦でも15km/hまで落ち込んだ。

ローレライの事故現場では救助作業用の車両を駐めてあるので、車線規制、警官には「停まらずに車道を走ってくれ」と言われた。
仕方がないので走行中に写真を撮った。
河川交通も規制されていて、船の渋滞が見られた。

リューデスハイムでハンガーノック寸前、トルコ料理の屋台に入ってパスタを食べた。
ついでに水ももらう。
ここでヘルメットライトを装着、フランクフルトの方が今日は寒いので、レッグウォーマーとウィンドストッパーを着用。

暗くなってから家に着いたけど、さすがに平坦路線、疲れていない。

サイクルコンピュータによると、
走行距離:136.97km
走行時間:5時間47分46秒
平均速度:23.63km/h
最高速度:47.05km/h
全所要時間(含食事休憩、信号待ち、電池交換等):6時間50分

写真未完

GPSデータ:GPSies - Koblenz - rechtsrheinisch - Frankfurt: 2011-02-07 12:45
[PR]
by ichironoda | 2011-02-08 07:31 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31