フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

栗ポタ、再びクロンベルクへ

2010年10月10日(日)

秋晴れの日曜日。
FGCメンバーで、『出来てきたお揃いジャージでRTFを走ろう』という企画がありましたが、
残念ながらキャンセル。

GPSデータ:
GPSies - 2010-10-10 Maronen Pottering in Kronberg



オーケストラの同僚で最近自転車に乗りたくてうずうずしているマヒル君につきあいました。

マヒル君はトルコ出身の第1ソロ・ホルン奏者、素晴らしい音楽家です。

自分の健康状態の推移を凝縮したようなマヒル君の状態、これではいけないと自転車をすすめました。
とても乗り気なマヒル君、これまでママチャリで一回通勤したそうです。往復20km、もう大感激しています。
最近は軽いジョギングを始めたとかで随分スリムになっていました。

今日は自分の最高級ママチャリ(R&M)を彼に貸して、ビアンキRRで引っ張ることにしました。
彼はまだSPDの靴も経験もないのです。R&Mにはシマノの片面SPDが付けてあって普通の靴でも乗れます。

コースは少しだけ登り降りの入った40kmコースと言うことで、前回の栗ポタ・コースをそのまま利用。ついでに栗も集めます。

もう飛び跳ねたいくらいの気持ちよい秋晴れの中を、まずはニッダ川に沿って走行。
彼はすでに笑み満面で楽しんでいます。

ニッダから離れて軽い登りに入ります。紅葉が綺麗!!!(残念ながらカメラを忘れた)

栗は大分落ちてしまっていましたが、それでも夢中で集めます。
マヒル君はある程度集めると、「RRに載ってみて良いかな?」どうぞどうぞ!

普通の靴ですが歓声を上げて往復していました。
ドロップハンドルに不安感を持っていたのがこれで納得した模様です。
川沿いの悪路なども走りたいというので、シクロクロスをいいかな?
最初の一台は、将来が分からないので品質の良いものの中で一番安い、あるいはセール中、年式落ちを薦めました。スペシャライズドのシクロ、安い方のヤツです。Focusも当たってみるつもり。

40km走って帰った後はすぐに自宅向かいの行きつけ中華に飛び込みます。

マヒル君、実はイスラム教徒でしたが今はドイツ国籍、豚肉料理を「うまいうまい」とほおばっていました。
良いのかねぇ・・・・・

家に帰って解散、自分はフランクフルトオペラの現代曲パフォーマンス本番、彼は同じく『ホフマン物語』の本番です。

さて、彼に良い自転車を探してあげないと。
[PR]
by ichironoda | 2010-10-12 21:00 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31