フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

ブルベ2010に向けて走ろう 033 今年初の100kmライド

2010年03月17日(水)

ダルムシュタット州立劇場(オペラ)から、第6回定期演奏会の依頼が来た。
首席コントラバスが怪我をしたそうでその代役だ。
火曜日のリハーサルの時に車で楽器を運んであるので、今日は自転車で行く。このところ好天が続いている。

GPSデータ



スタートは・・・いつものパターンで時間ギリギリになる。

8時過ぎにこぎ出した。
エッシェンハイマー塔の脇をかすめ、市中心の歩行者道路『ツァイル』を横切る。
大聖堂を通り過ぎるとマイン川に出る。
ザクセンハウゼンの山を登る。斜度はそれほど大きくないのに疲れる道だ。せっかく脚が回っていても必ず信号で捕まるのも原因。
ノイ・イセンブルク、シュプレンドリンゲン、ランゲンと過ぎダルムシュタットまではほぼ直線だ。

オペラ劇場に入ったのは9:40、車の交通量が多くて走りにくかった。
すぐにシャワーを浴びて着替える。タオルで髪を拭きながらリハーサル室に入っていく。
もうほとんどの団員が指ならし中だ。

就職はいつものアユル・ヴェーダ・レストランJelloに行く。

13:30、ヘッペンハイム方向に向けて走る。17:30にはオペラに戻ってシャワーを浴びる予定だ。
2時間走ったらUターンしよう。

春の香りが始まったドイツの田園風景は美しい。
自転車レーンや自転車道がかなり整備されている。
ヘシシェ・ベルクシュトラーセをたどって南下する。
気候が温暖で、丘陵の斜面を利用して葡萄を栽培、ワイン作りが盛んな地方だ。
有名レストランも多い。今回は走るだけで飲み食いは無しだけど・・・・・

ヘッペンハイムに着いた。未だ時間はあるけれどスタンドで飲み物を買い、トイレを借りる。
トイレを借りるだけというのはなんだか良心がとがめるものだ。

今回の定期演奏会ではコントラバスグループに病欠が2名出たので、自分の他フランクフルト放送響から手伝いが来ている。
彼はリハーサルの合間を縫ってレンタカーでドライブするそうだ。同じような方向に来ているので、もしかしたら出会うかもしれない、と思っていたら・・・・・
ヘッペンハイムからオーデンヴァルトへの斜面を登り始めたところで黒いヴィースバーデンナンバーが追い越して止まった。
はたして彼、シュテファン君だった。日本人のフィアンセとドライブ中なのだ。10分ほどして分かれた。

時間が無くなってきたので戻ることにする。斜面を駆け下りてヘッペンハイムからダルムシュタットに北上だ。

予定より早く、17:20にオペラに戻った。
ゆっくりとシャワーを浴びる。

18:30、2回目のリハーサル開始。21:00までだ。

暗い中、蛍光ヴェストを来てフランクフルトに向かう。
結構疲れていて、帰宅は23:35, なんと2時間もかかった。

明後日、金曜日の晩、リヒャルト・シュトラウス『バラの騎士』をのエキストラを弾くことになった。
[PR]
by ichironoda | 2010-03-26 21:51 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31