フランクフルトから/Grüß aus Frankfurt

ichironoda.exblog.jp ブログトップ

2010年、ブルベ200km、バーデン・バーデン

2010年3月6日(土)・・・・7日(日)修正・追記

自分にとっても、ARA(ドイツ・オダックス)にとっても今年はじめてのブルベだ。
バーデン・ヴュルテンベルク主催の200km。



スタート地点まで車で1時間半ほどなので、前後泊なし。
今回は走行中の食事に新しい試み。
おにぎりとせんべい!

夜中ににぎりめしを用意した。
オカカ3個、梅漬け3個の計6個だ。
ちなみに故郷の長野では梅干しよりカリカリの梅漬けが主流だ。
梅の新鮮な香りが残っていてさわやかなのです。
かみさんが私の亡母(つまり亡義母ね)と義姉たちから伝授したもの。

荷物を準備、何回も確認する。
前後は『晴』なのに、この日だけ雪の予報なので防寒に留意する。
荷物が増えたから、いつもの最高級ママチャリにフロントバッグ、小型リアバッグをつけることにした。

キューシート(コース表)はブルベカードと一緒に配布される事になっていて、事前勉強はできない。

主催者からのメールによると・・・

簡単な通過地だけ。GPSデータ無し。
簡単なコースでライン川沿い、216kmの平坦コースで獲得標高もわずか300m。
ちょっとややこしいのはストラスブールの市街を抜ける部分だけ。
向かい風がちょっとしんどいかも。
メールで受け取った概略ルート表は次の通りの簡単なもの。
======================
スタート:ビュール・オーバーブルッホ (Bühl-Oberbruch)
ルスト (Rust)
ブライザッハ (Breisach)
ライン川フランス岸
ストラスブール (Strasbourg)
ナインアウ・フラウシュテット (Rheinau-Freistett)
ゴール:ビュール・オーバーブルッホ (Bühl-Oberbruch)
======================


いつもと同じ、家を出てドアを閉めるとトイレに行きたくなる。再び出ると忘れ物を思い出す。今日も3回戻った。
で、出発は早朝5時過ぎに、ナビによると、スタート点呼開始の6:30到着だ。ちなみにスタートは7:00時。

まだ暗い中、高速に入ると結構交通量が多い。
そのうちに雪が降ってきた。おやおや。予報通りですね。


前方がなにやら光っている。
雪が降り始めているので、除雪・塩散布車が2台、黄色警告ランプをつけて走行中なのだ。
2車線高速で2台が併走しているので追い越しできない。時速50km/hの遅さだ。
自分は左車線(追い越し)で3台目。

後ろの車がたまに車間距離を縮めてくる。あおっても無駄なのに・・・・・
と思っているとヘッドライトが迫ってきた。急に加速を始めたらしい。
右車線も列をなしていて車線変更はできないし、前は詰まっている。
左後ろにガツンと来た。ヲイヲイ!!!

とりあえず左の分離帯に近づけて停車する。
後ろも停車、降りてきたのはなんとロシア国籍の車に乗ったロシア人で、英語で話しかけてくる。
外国籍車、それもロシアとは・・・いやな予感がする・
とりあえず警察に連絡して指示を仰ぐ。

右側の緊急車線に駐め直した。
かのロシア人はのんびりと話ばかりしていて後方防護を始めない。
ロストック(北東ドイツ)の近くから夜通し6時間かけて走ってきて、これからフランスのカンヌに行くんだとか・・・・
居眠り運転だな、こりゃ。

停車中の追突を考慮して、ドイツの高速では、警告チョッキを着てガードレールの外側で救援を待つように決められている。(多分)
それを説明しても、チョッキは持っていないし、同乗している15才の娘が熱があるので表には出せないという。これは仕方がないか。
後方防護のための三角形警告板は荷物の下に入っていて取り出せないそうだ。
結局こっちの警告板と警告チョッキを貸してやった。事故処理の後ちゃんと返してくれるんだろうなぁ。
ロシア人は「警察はいつ来るんだ?」・・・この突然の雪で警察はてんてこまい、すぐに来ると思うなよな。

それでも30分ほどでパトカーがやってきた。
簡単に事故処理、物損だけだから簡単なものだ。
相手がドイツ国籍車だったら、データ交換だけしてそのまま走り去っても良いけれど、外国籍車の場合は保険金が出ない危険があるのだ。

事故処理終了はブルベスタートの7:00頃だった。ナビによるスタート地点到着予想は7:40、この先渋滞2kmとか言っているのでもう絶対無理。
次の出口でガソリンスタンドに向かった。

そこでお茶を入れてもらう。その時スタンドのお姉さんはティーバッグの入った缶を棚から落として、机にぶちまけた。その上紅茶が見あたらなくてフルーツティーで良いか?って・・・・

車でおにぎりを食べていると右側に駐車していた車の女性運転手がドァをぶつけてきた。なんだか怒る気がしない。
向こうは『(^_^)』で去っていった。

2度あることは3度ある・・・(日本のことわざ)
良いことはすべて『3』だ・・・・(ドイツのことわざ)


家に帰ってまずは爆睡した。

次回エントリーは3月27日(土)、ニーダーザクセンの200km、去年初めてブルベというものに参加したコースで、ここの300kmと400kmも申し込んである。


追記:
DNSについては主催者に携帯でSMSしておいた。
返事があって、ブルベは中止になったそうだ。
[PR]
by Ichironoda | 2010-03-06 23:47 | 自転車(ブルベ)/Fahrrad
line

フランクフルト市立オペラ首席コントラバス奏者、ヴィオラ・ダ・ガンバ/ヴィオローネ奏者、野田一郎が、お知らせ、独り言、ドイツ・フランクフルト事情を発信します。


by ichironoda
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31